1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気妻や彼女がいるのに浮気する男の特徴ランキング!浮気性男の特徴をチェック

2017/05/16更新

妻や彼女がいるのに浮気する男の特徴ランキング!浮気性男の特徴をチェック

浮気性男

男なら浮気は甲斐性と言う人がいますが、これは昔の話。昔の男性が家庭外に女性を作ったのは跡継ぎが必要だったからという理由があります。たんに浮気性だったという訳ではないのですよね。それに対して今の男性には家を継ぐ子どもを作る義務がある人はあまりいません。大義名分はないということです。

そもそも浮気をしない男性もいるのですから言い訳のように男なら浮気をするというのはいかがなものかと思ってしまいます。そんな、女性の敵とも言える浮気性の男性にはどのような特徴があるのか挙げてみましょう。きちんと学ぶことで、家庭を壊す浮気性男に引っかからないように、男を見る目を養ってください。

浮気を繰り返す男とは

すでに妻や彼女がいるにもかかわらず浮気を繰り返す男は、いくら反省させてもまた必ず浮気をします。浮気をするのがその人の性質の1部になっているのです。人の本来の好みや性質は無理に変えることができない部分です。いくら外からうるさく言っても、そのことが原因で問題が生じようと、そういう性質なのだから変わることができないのです。そのため、生来の浮気性の男に引っかかってしまった女性は災難と言っていいでしょう。

浮気が発覚して、別れると言うと謝って反省したと言い、それを信用するとその舌の根も乾かぬうちにまた浮気をする。常識人には考えられない行動ですが、浮気性の男は当たり前のようにそういった行動を取ってしまいます。いくら浮気を止めさせようとしても、決して変わりません。なぜならその男性は浮気が好きなのです。人は好きなものを楽しみに生きています。ある意味、浮気男にとっては、浮気こそが生きがいと言っていいでしょう。

▼ おすすめ関連記事
実は浮気は男の本能じゃない!旦那や彼氏が浮気を繰り返す心理と対処方法

浮気性の男に騙されないために

浮気性の男に騙されないようにするには、相手に毅然とした対応をする必要があります。誤解であると押し切られたり、1度だけで気の迷いとごまかされたり、本当に好きなのはお前だけと話の主旨を変えられたりして、それをそのまま受け入れてしまうのは最悪の事態を招きます。そうなると相手は許されたと感じてまた浮気をするのです。つまり本人が許されたということは浮気も許されたと受け取るのが浮気性の男なのです。浮気を絶対に許さない、浮気をしていたら別れるということをきっぱりと宣言しておく必要があります。

むしろ浮気の事実がはっきりとしたらその時点で別れるべきでしょう。浮気していてもいいから一緒にいたいというのならそれはそれでいいかもしれませんが、将来的に同じ父親の子どもが何人も出てきたり、遺産相続で揉めたりする可能性があります。下手をすると他の女性と結婚を前提の付き合いをしていて、騙されたとしてあなたにまで慰謝料が請求される可能性もあるのです。安易に相手を許すのは結局のところ誰のためにもなりません。

浮気性の男の特徴

敵を攻略するには敵を知る必要があります。浮気男という存在の特徴を分析して、その手口を学んでください。この特徴を当てはめた場合、特出してそういった性質だと思う相手や、全てを兼ね揃えているというような相手がいると思います。どの性質も1つでも大きな特徴ですが、複数重なればよりはっきりとしたタチの悪い浮気男となるでしょう。自分の夫や彼氏をそれとなくチェックして、どのタイプに当てはまるか、もしくはどれにも当てはまらないかを、ぜひ調べてみてください。

1位:嘘つき

浮気性の男は口がうまく、顔色1つ変えずに嘘をつくことができます。今までたくさんの女性を口説いてきた実績の元、相手にどうすれば気に入られるか、信頼されるかということを熟知しているのです。スマートな話し方で相手の信頼を勝ち取り、本来なら受け入れがたいことを受け入れさせてしまいます。人間関係というのはある程度は話術の巧みさが優劣を作り出すところがあります。

常に女性をゲットするために相手の懐深くに入り込む必要がある浮気性の男は、そういった相手の気持ちに付け込むことに長けています。相手に罪悪感を抱かせたり、同情させたりして、その気持ちの隙間にするりと入り込むのです。人の心を自在に操るなんていうことができるはずがないと思うかもしれませんが、それを生業にしているプロとして結婚詐欺師などが実際に存在します。浮気男というのはこの結婚詐欺師に近い存在と思っていいでしょう。

2位:移り気

浮気性の男の特徴の1つとして移り気であることが挙げられます。これはもちろん男女関係についてもですが、それ以外の興味のあり方などにも当てはまります。1つのものを長く楽しむのではなく、あれもこれもとやってみるのが好きで、部屋の中にはいろいろなジャンルのものが飾ってあったり、そのときそのときの流行のものごとをとにかく試してみたりといった行動を繰り返します。好奇心が強く、何かにすぐ興味を持つのですが、その興味が長く続かないのです。

特に夢中になっているときは熱心で、飽きたら見向きもしないというタイプが危険です。異性に対する感情と、趣味や遊びに対する興味は同じではないと思うかもしれませんが、一事が万事という言葉もあります。人の性質というのは、日々の生活の中に色濃く表れる場合が多いのです。移り気な人間は、熱しやすく冷めやすいので、愛情もその時は強く持って情熱的ですが、飽きるともうあまり興味を抱けなくなってしまいます。そうして次の恋愛へと移っていくのです。

3位:自信家

自分に絶対の自信を持っている自信家、我が道を行くタイプの男は浮気性であることが多いようです。自分の能力に自信があり、周囲もそれを認めていると言った状態にあるこのタイプは、モテるということもありますが、自分の思ったことをストレートに実行してしまうという性質があります。その思ったまま行う中に浮気も含まれるのです。自分が気に入った相手と付き合うことにためらいがありません。たとえ現在別にパートナーがいるとしても、他に気に入った相手がいればその相手と付き合ってもそのことに罪悪感を感じないのです。

自分が正義であり、自分の考えが正しいという我の強いタイプなので、世間の常識などよりも自分の判断を上に考えています。自分にとって心地いいことは正しいので、全てを自分にいいように解釈してしまいます。浮気を浮気として認識せずに、思うがままに行動した結果、それを正当化してしまいます。このタイプは浮気がバレてもケロッとしているので、裏切られたパートナーの怒りが上滑りしてしまい、気持ちを理解してもらうことができません。

4位:女好き

ある意味当然かもしれませんが、浮気性の男は女好きです。女とセックスすることが好きなので、パートナー一筋のような精神性は皆無です。こういうタイプの男は付き合ったり、結婚する前から女遊びが激しいことが普通です。実際に付き合いだしてからや結婚してからも、女遊びを止めなかったりするので、パートナーも気づいている場合がほとんどです。一般の女性を引っ掛けるのも、商売の女と遊ぶのもこのタイプの浮気性の男にとっては同じ感覚です。

下手をするとパートナーですら、性欲処理のためのストックである可能性すらあります。女好きの男というのは、女性に対する感覚が、同じ人間に対する感覚とは違っていることが多く、まるで物のように使い捨てることを平気で行います。理性よりも本能が強い、獣のような人間と思って対応するべき相手です。しかし女好きの男の場合、周囲を調べればその素行の悪さがすぐにわかるので、少なくとも結婚前に相手を調べておけば引っかからずに済む相手ではあります。

5位:几帳面

記念日には必ず贈り物をしてくれるやさしい彼。しかしこの几帳面さが浮気性の男の性質の1つとも言えます。そしてこの几帳面な性質は浮気のために後天的に培われていったという可能性もあるのです。複数の女性を相手にしている場合、その相手に浮気を気取らせないようにするには、細かな管理が大切です。バッテングしてしまえば一気に修羅場になるからです。しかもそれぞれの相手を満足させるためにサービスはかかせません。

女性をキープし続けるには、マメなサービスが大切になります。女性というのは金がかかると思われがちですが、自分を大切にしてくれているという安心感があると金銭的な大きさはあまり問題にしない女性が意外と多いのです。この、女性が大切にされていると感じる条件が、相手のことを知り尽くしたサービスにあります。先に述べた記念日はもちろん、1度会話の中で出て来ただけの好きな食べ物などを一緒に食べに行こうと誘ったりするスマートさが大切です。そんな驚愕すべきサービスを、ただ女性を手に入れるためだけに行えるのが几帳面な浮気性の男なのです。

▼ おすすめ関連記事
マメな旦那や彼氏は浮気性が多い?マメな男性の特徴や心理と不倫の可能性

こんな女性が狙われる

浮気性の男にとって引っ掛けやすい、騙しやすいタイプの女性を知っておくのも大切です。自分がそういうタイプである場合には、知らず知らずの内に浮気性のパートナーの意のままに踊らされている場合があります。相手は女性というものを熟知しているので、本命に選ぶにあたって、自分にとって都合のいいタイプの女性を選ぶ傾向があるのです。もし万が一浮気がバレても、強く追求できない性格だったり、言い訳をそのまま信じてくれるような優しさを持った女性が彼らにとって都合がいい相手です。

そういった性格を相手に上手に利用されてしまうのです。しかしそんな風に浮気性の男の好きなようにさせていると、自分の人生をいいように食いつぶされるしかありません。早々に目を覚まして、相手の行動をきちんと把握し、自分らしく生きられる環境に立ち返る必要があります。ぜひ1度、自分の周りをチェックしてみてください。

母性愛の強い女性

女性というのは元々母性愛を持っているものですが、その中でも特に母性愛が強い女性がいます。こういった女性は、辛い目に遭っている人、自分に頼ってくる相手などに対して、我が身を顧みずに尽くしたりするものです。そのため、浮気性の男にとって、これほど利用しやすい相手はいないと言っていいでしょう。もし浮気が発覚しても、泣いて謝ればだいたい許されます。何かをしでかしてもその尻拭いを勝手にやってくれたりもします。

浮気性の男にとっては第2の母親のような存在となってくれるのです。母親と違うところは、いつでも切り捨てようと思えば切り捨てることができる相手ということです。他にもっと条件のいい女性を見つければいつでも浮気男は女を切り捨てることができます。いくら女性が愛しても、浮気性の男というのは、心から1人を愛することができない男なのです。

気が弱い女性

気が弱くてちゃんと怒ることができない女性も、浮気性の男にとって狙い目です。しかもそれだけでなく、気が弱い女性は押しに弱いので、ゲットすることも比較的簡単なので、浮気男にとってはちょろい相手でしかありません。悪い男に引っかかる率が高いのが、こういった、断ることができない女性です。気が弱い女性も、きちんと自分の意思は持っています。当然ですよね。しかし、気が弱いのでそれを表明するのが苦手です。

浮気性の男はその気の弱さを上手に利用して、自分の思い通り振る舞うことができるのです。そんな力関係でパートナーになった場合、気が弱い女性は浮気男にとって金のかからない定宿のようなもの。タダで食事を作ってくれたり、家の状態を心地よく管理してくれる便利な女でしかありません。お気に入りの女性は外に作って、楽しみのためだけに利用し、気の弱い女性は生活を楽にするために利用する。最悪の立場になってしまう可能性があります。

惚れっぽい女性

ちょっとやさしくされると相手に惚れてしまう惚れっぽい女性も浮気性の男にとっては狙い目です。ほとんど手間をかけずにゲットできるのですから、女性が欲しいときに手軽に手に入れることができるのです。しかし、手軽に手に入るものはまた手軽に捨てることができるというのが世の習い。相手の都合次第で、放置されてしまったり、便利に使われたりと、あまりちゃんとしたパートナーとして扱ってもらえない場合が多いのがこのタイプです。

惚れっぽい人は自分自身でもその自覚があるかもしれませんが、何にでも飛びつくのではなく、いったん止まって、大丈夫な相手かどうかを考えるようにするといいでしょう。うっかり浮気性の男に捕まってしまった場合は、相手の心が本当に自分にあるのかをよくよく観察して、裏切られていることを自覚したらさっさと気持ちを切り替えることが大切です。

▼ おすすめ関連記事
彼氏や夫がうわきもの男かも?浮気者な男性の特徴や心理とは

▼ おすすめ関連記事
浮気しない男性に共通する特徴8つ!あなたの彼氏はいくつ当てはまる?

▼ おすすめ関連記事
遊び人男の特徴や心理って?夫や彼氏が女遊び好きかどうかチェックするポイント

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.