1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫プラトニック不倫ってどんなもの?肉体関係がない恋愛も浮気として訴えられる?

2017/05/18更新

プラトニック不倫ってどんなもの?肉体関係がない恋愛も浮気として訴えられる?

プラトニック不倫ってどんなもの?肉体関係がない恋愛も浮気として訴えられる?

「プラトニック不倫」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。これは、肉体関係のない不倫のことを言うようです。肉体関係がないとはいえ、配偶者が他の異性とそんな関係になっていたら、嫌だと思う人がほとんどでしょう。プラトニック不倫とは具体的にどんなものなのでしょうか。浮気として訴えることができるかどうかを含めて、ご説明していきます。

プラトニック不倫とは

前述のとおり、プラトニック不倫とは、既婚者が配偶者以外と恋愛関係に陥るものの、肉体関係がないという状態のことを言います。「プラトニック」とは、純粋で精神的という意味で、恋愛に関して言うと、精神的な愛のことになります。つまり、気持ちの上では愛していても、肉体関係はないというのが、「プラトニックラブ」と言われるものです。

気持ちの上では愛しているのであれば、不倫で相手から慰謝料をもらったり、離婚をしたいと思う人も少なくないでしょう。しかし、肉体関係がないという点が、プラトニック不倫ではネックになります。浮気の証拠をつかむことがとても難しいからです。プラトニック不倫をする人たちは、肉体関係さえなければ、それは慰謝料などが請求されるようなことではないと思っています。寧ろ、気持ちの上で愛し合っていて、体の関係はないという関係を、ピュアで崇高なものだと思っているようなところもあります。

また、お互いの家庭を壊すようなことはしたいと思っておらず、体の関係になければ大丈夫と考えて、その一線だけは超えないようにしている・・・なんてパターンもあります。そして、その場合、相手のことを思いやれるような真実の愛だと、酔ってしまっていることもあるようです。プラトニック不倫をする人たちの場合、肉体関係さえなければ・・・というところがあるので、お互いに気持ちを確かめ合うような連絡を交わしたり、食事に出かけて会話をするようなことは、頻繁にあるでしょう。

プラトニック不倫の相手に、それほど愛情がないというパターンもあります。この場合は、肉体関係さえなければ、「不倫」とはならず、食事などのデートを楽しんで、恋愛気分を満喫しているということのようです。本来「プラトニック」とは精神的な何かのことをさすのですが、このように、ただ単に体の関係がないということも、「プラトニック」と呼ばれているようです。

確実に浮気と認められないパターン

このプラトニック不倫ですが、もしも発覚したとしても、法的な意味では、浮気とは認められないようなパターンもあります。

あなたの配偶者の片思いである場合

片思いの場合、厳密に「プラトニック不倫」と言えるかどうかは定かではありませんが、他の異性に完全に心が持って行かれているのを知れば、冷静ではいられませんよね。しかし、あなたの配偶者も、家庭を壊したいとは思っておらず、ただの片思いで進展をさせる気はないのです。この場合は、そもそも相手の方はあなたの配偶者の気持ちに気づいていませんから、法的な意味では、浮気とみなすことはできません。こういった場合に離婚を考えるなら、その恋愛の所為で、結婚生活が破綻しているという状況が必要です。浮気ではなく、その破綻している状況を理由に離婚することになるでしょう。

お互いに気持ちは確かめ合っても何もない場合

とても不快なことではありますが、あなたの配偶者とプラトニック不倫の相手が、単に気持ちを確かめ合っただけで、頻繁に連絡を取り合ったり、出かけたりしていないという場合は、浮気にはなりません。気持ちの上では浮気だと言いたくもなりますが、浮気として訴えるには、浮気の証拠が必要になるので、何の証拠も出てこないこの状況は、法的には浮気ということにはならないのです。

こんな場合は、浮気として訴えることができるかも?

プラトニック不倫は、肉体関係がないために、浮気として認められづらいというのは、ここまでの説明のとおりです。では、どういった場合なら、浮気として認められる可能性があるのでしょうか。それは、二人がまるで恋人同士のような付き合い方をしていた場合です。頻繁に連絡を取り、プライベートで二人きりで定期的に会っているということでしたら、それが立証できるのであれば、浮気として認められる可能性があります。また、いくら肉体関係が本当になかったとしても、二人で密室に長時間いるような行動は、肉体関係があるとみなされることもあります。例えば、ホテルに長時間滞在したり、お互いの家に行ったりというようなことです。

プラトニック不倫は、離婚理由として認められることはあるのですが、慰謝料が取れるかどうかという点になると、残念ながら取れないことの方が多いようです。しかし、明らかに家庭外で立派な恋愛をしているような証拠がたくさんあれば、慰謝料が認められるケースもないわけではありません。ですから、離婚だけではなく、慰謝料も・・・と考えているのであれば、諦めずに証拠集めをしましょう。

▼ おすすめ関連記事
浮気の証拠になるの?シティホテルやビジネスホテルに不倫相手と入っていく写真

▼ おすすめ関連記事
キスフレは浮気じゃないと思う男女が増えてる?キスフレのありな範囲はどこまで?

▼ おすすめ関連記事
ソフレは許せる?添い寝フレンドの定義や意味!それって浮気に入らないの?

▼ おすすめ関連記事
どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.