1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫コンジローマに感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

2017/05/16更新

コンジローマに感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

コンジローマに感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

性病(STD)とは、主に性行為により感染する病気のことをいいます。性病の中には、不特定多数との性交渉がなかったにも関わらず、感染するものも珍しくないといわれています。しかし、ご自身が性に乱れがないにも関わらず性病に感染してしまったという場合、パートナー側に何らかの原因があると考えずにはいられませんよね。今回は、性病の中でも「コンジローマ(尖圭コンジローマ)」にスポットを当て、感染経路や症状、またコンジローマに感染したことによる、パートナーの浮気の可能性などについてご紹介していきたいと思います。

これってコンジローマ?

コンジローマとは

コンジローマは、尖圭(せんけい)コンジローマとも呼ばれる性病の一種で、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」というウィルスに感染したことによる病気となっています。

どのように感染するの?

粘膜や、皮膚の傷・アトピー性皮膚炎などからウィルスが侵入することにより感染します。そのため性行為による感染が多いため、性病の一種とされているのです。性行為に限らず、公衆浴場やサウナ、タオルの共用なども感染の原因となる可能性があります。温水シャワー付き便座などの使用にも注意が必要なのだそうです。

症状は?

主に、ピンクがかったようなカリフラワー状(ニワトリのトサカにも例えられることが多い)のいぼが陰部に現れます。人によっては少々のかゆみや傷みも伴いますが、自覚症状がない人も多いそうです。

治療は?

軟膏を塗ってようすをみるか、電気メスなどによる外科的治療も一般的なものとなっています。いぼは日が経つにつれ増殖していきますので、見つけたら早めに専門の診療科(性病科など)を受診するようにしましょう。

再発のリスクが高い

外科的治療でいぼを除去することができても、ウィルス自体を身体から取り除くことは不可能です。統計では、3か月以内に25%の人が再発するといわれていますので、3か月はようすを見る必要があります。

潜伏期間の長さが特徴

尖圭コンジローマのもう一つの特徴としては、潜伏期間の長さがあります。個人差も多く、早い人では3週間ほど、平均では約3か月、そして長い人では感染してから半年ほど経ってから症状が現れた、という例もあるそうです。コンジローマの発症までには潜伏期間にこれほどの開きがありますので、パートナーの浮気の証拠として確実なものにするには、この要素だけでは少々困難な部分もあるといえるでしょう。

子宮頸がんとの関係について

尖圭コンジローマはヒトパピローマウイルスによる感染症となりますが、このウィルスに関して近年話題となっているのが、子宮頸がんの関連性です。女性が子宮頸がんにかかる原因の一つとされているのが、このヒトパピローマウイルスの感染によるものといわれています。もちろん、感染しているからといって必ず子宮頸がんになるというわけではありませんし、このがんを引き起こすとされるヒトパピローマウイルスは、悪性のものを指しています。尖圭コンジローマの要因となるヒトパピローマウイルスは、主に良性のウィルスによるものとなりますので、これは覚えておくとよいでしょう。

コンジローマから浮気を特定するには

コンジローマの感染だけでは追及は難しい

他の性病と比べて潜伏期間が長い上、自覚症状が出にくいコンジローマについて、パートナーの浮気の証拠として追及する場合には、少々無理がある事案といえるかもしれません。時系列での追及となった場合にも、潜伏期間に個人差があるため、あやふやな答えが返ってくるのは目に見えています。そして、何よりも追及をしたご自身に浮気があるのではないか、と疑われてしまう可能性も否定できないのです。

他にも浮気の痕跡はありませんか?

とはいっても、自身に心当たりがないにも関わらず尖圭コンジローマに感染してしまったという場合は、パートナーからの感染である可能性が高いのは事実です。そして次に考えられることとしては、パートナーは浮気などによってこの病気に感染していた、という予想ができるわけです。しかし、先程もご紹介したように潜伏期間に個人差がある病気ですので、これだけで浮気を特定することは難しいでしょう。そこで大切となるのは、その他の浮気の証拠となります。

パートナーのスマートフォンなどには、浮気の痕跡がたくさん残されている可能性がありますので、可能であれば確認してみるとよいでしょう。普段から使用しているバッグや、財布の中身なども要チェックです。パートナーの行動について、日記をつけておくこともおすすめとなります。自身での浮気調査だけでは不安という方は、探偵などの専門機関に依頼するのも一つの方法となるでしょう。

▼ おすすめ関連記事
携帯電話やスマホの浮気の痕跡は?メールやLINE、出会い系アプリ、通話履歴など

まとめ

尖圭コンジローマに感染してしまった場合には、悪化する前に早急な治療、そしてパートナーによる浮気を疑った際には、さまざまな証拠集めが大切である、ということをご紹介いたしました。浮気の事態を解決へ向かわせたいという際には、コンジローマの感染の事実に加え、確実となる浮気の証拠を突きつけていくことが、自身が納得できる結論へと導くことができる方法となります。

▼ おすすめ関連記事
夫や妻に性病をうつされて浮気が発覚!パートナーから感染した場合の対処方法

▼ おすすめ関連記事
梅毒に感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

▼ おすすめ関連記事
クラミジアに感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

▼ おすすめ関連記事
毛ジラミに感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

▼ おすすめ関連記事
淋病に感染して相手の浮気が発覚した時の対処法!性病で浮気に気づいたら

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.