1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫アラフィフ夫婦の夫や妻の不倫は熟年離婚につながる!パートナーの浮気に注意

2017/05/16更新

アラフィフ夫婦の夫や妻の不倫は熟年離婚につながる!パートナーの浮気に注意

アラフィフ夫婦

最近よく話題となっている熟年離婚。「まだアラフィフだから」なんて思っていませんか?アラフィフの不倫は熟年離婚に直結する可能性が非常に高いんですよ。

何もなくてもアラフィフ夫婦は離婚しやすい

アラフィフともなると、子どもも自立しています。家の中には夫婦二人きりという家庭も多いでしょう。お互いに愛情を持ち続けている夫婦の場合は何の問題もありません。しかし、長年連れ添った夫婦であれば、何かしら嫌悪感を抱いていることも少なくありませんよね。そういった夫婦は、二人きりでの生活になるとパートナーの嫌な面がますます見えるようになってしまいます。子どものためにしてきた我慢を、しなくてもいい状況となるため、離婚に踏み切りやすくなるのです。

アラフィフ不倫は離婚に直結する

アラフィフ夫婦は、お互いを異性ではなく家族だと認識しています。パートナーに対して恋愛感情を抱いているわけではなく、アラフィフの人が他の異性に恋愛感情を持つことは珍しくありません。この年代になって不倫をすると、残り短くなった人生を新しい相手と過ごしたいと、パートナーを捨てて、不倫相手と一緒になる選択をする人がいます。反対に、不倫された側も、これまでしていた我慢をしなくてもいいから、と離婚の決断をしやすくなります。ただでさえ離婚しやすい状態のアラフィフ夫婦ですから、不倫は離婚に直結すると言っても過言ではありません。

アラフィフは恋愛をしたくなる

アラフィフの男性は仕事が安定しており、女性は子育てがひと段落した年代です。仕事や子育てに追われることがなくなり、時間的な余裕ができます。それと同時に、パートナーを家族として認識しているため、異性として愛情をかけることはほとんどなくなっています。自分自身に衰えを感じている年代でもあります。衰えて動けなくなる前に、人生にもう一花咲かせたいという心理が働き、その矛先が恋愛に向かう人は非常に多いものです。

アラフィフに多い!セカンドパートナーの存在

セカンドパートナーとは

お互いに既婚でありながらも、パートナー以外に決まった相手がいる既婚の男女が増えてきています。この「決まった相手」がセカンドパートナーと呼ばれるものです。セカンドパートナーとはプラトニックな関係を保っているため、「不倫とは違う」と考えている人が多いようです。若い年代であれば勢いで一線を越えてしまい、完全に不倫になってしまいそうな関係でも、アラフィフという年齢のせいもあり、セーブすることができるのです。性欲が減退気味であることも関係しているのかもしれませんね。

セカンドパートナーも不倫に入る?

プラトニックな関係であろうと、パートナー以外の相手とデートを楽しんだり時間を共有する相手がいるということは、不倫と言われても仕方のないことですよね。しかし、「夫に万が一のことがあったとき」、「妻との関係がうまくいかなくなったとき」に一緒になろう、などとセカンドパートナーと将来的な約束をしている人は少なくありません。

「セカンドパートナーがいることでパートナーと良好な関係を保てる」という声もあります。中には「自分に何かあったときにパートナーを任せられる存在だから」とパートナー公認のセカンドパートナーを持つ人もいるというので驚きですね。セカンドパートナーを不倫と考えるかどうかは人それぞれのようです。

不倫の兆候を見つけたら

不倫をすると、日常生活のパターンや好みに変化が現れます。長年連れ添ったパートナーですから、好みや癖、生活パターンなどを良くわかっていますよね。パートナーの変化にも気づきやすいでしょう。もしパートナーに不倫の兆候が見えたら、確実な証拠を集めておくことをおすすめします。浮気相手とホテルに出入りする写真や、浮気相手の家に出入りする写真が複数回分あると、熟年離婚の際に有利になりますよ。

しかし、アラフィフにもなると、不倫をする方も証拠を隠すのが上手です。自分が不利になるような証拠は掴ませないように工夫していることでしょう。自分で証拠をつかむのが難しい場合は、専門家にお願いしてみるのも良いかもしれません。

熟年離婚には確実な証拠を

離婚の際の慰謝料は、家庭を壊したことに対して認められます。そのため熟年離婚では、夫婦仲が冷めていて家庭内別居のような状態だったり、パートナーの不倫を知っていながら放置していた状態があれば、慰謝料が認められない場合があります。離婚裁判に持ち込んでも、長年不倫をしていたと主張されると、黙認していたと取られてしまい、慰謝料請求が難しくなる場合もあります。

もしアラフィフ夫婦が、不倫が原因で離婚するのであれば、証拠を押さえて早めに離婚に持ち込むようにしましょう。上記で説明したような確実な証拠に加え、不倫によって家庭が崩壊したという証拠もあれば、パートナーからだけでなく、不倫相手からも慰謝料をもらうことができます。アラフィフ不倫からの離婚には、証拠とスピードが必要です。パートナーに浮気の兆候が表れたら、できるだけ早く証拠をつかみ、離婚へ持ち込みましょう。

▼ おすすめ関連記事
熟年離婚の理由ランキング!熟年夫婦が離婚する原因になるのはなに?

▼ おすすめ関連記事
50代は深刻なセックスレスで浮気しやすい?50代男女のSEX事情と性別による違い

▼ おすすめ関連記事
50代男性の性欲の実態!浮気や不倫も当然?モテる50代の恋愛事情

▼ おすすめ関連記事
50代女性の性欲と恋愛事情!50代の女性の性欲の強さと浮気事情

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.