1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫車中の浮気の痕跡をチェック!カーナビ履歴や走行距離、助手席、髪の毛などに注目

2017/05/17更新

車中の浮気の痕跡をチェック!カーナビ履歴や走行距離、助手席、髪の毛などに注目

車中の浮気

パートナーの浮気を疑ったとき、どのようにして探りを入れますか?スマホ、財布、ポケットなど、いろいろなところに浮気の証拠がないか探してしまいますよね。しかし、意外と車の中に浮気の証拠が残っているんですよ!今回は車中に残る浮気の痕跡を探すポイントをご紹介していきます。

浮気の証拠は携帯やスマホ、ポケットの中身だけじゃない!

浮気の証拠を探そうとすると、携帯電話やスマホの通話履歴やメールを調べたり、財布やポケットの中身を調べたりしてしまいがちですよね。浮気をしている人は、警戒心が強く、携帯電話やスマホを見られてもバレないように浮気相手との通話やメールは削除していることがほとんどです。

また、持ち物に関しても、浮気のボロが出ないよう、細心の注意を払っています。そのため、なかなか浮気の証拠になりそうなものを見つけられないことが多いんですよ。そこで、浮気を疑ったときにぜひチェックして欲しいのが車の中です。浮気の証拠を隠そうとしても、車の中までは気が回らず、証拠隠滅を忘れてしまうことがよくあります。車中を隅々までチェックすると、浮気の証拠が見つかるかもしれませんよ。

車の中で見つかる浮気の証拠

不審なレシート、領収書

レシートや領収書は車の中に置きっぱなしになっていることが多くあります。そのまま置いていなくても、車の中のゴミ箱に入っていることも少なくありません。レシートや領収書は、パートナーがその日にどこにいたかがわかります。人数まで記載されているものも多いので、浮気相手と2人きりでデートだったのか、大勢で遊んでいたのかもわかりますよ。浮気の足取りを探るのには最高のアイテムですね。パートナーが大雑把な性格の場合は、ラブホテルやシティホテルの領収書が出てくることもありますよ。領収書やレシートは、複数回集めると法的な証拠としても威力を発揮することができます。不審なレシートや領収書を見つけたら保管しておきましょう。

浮気相手の忘れ物

パートナーが男性である場合、浮気相手の女性のアクセサリーやヘアゴム、ハンカチなどが落ちていることがあります。パートナーが女性の場合は、ライターやタバコが見つかることがあります。本当に忘れて行っている場合もありますが、特に浮気相手が女性の場合は、わざと落として行くこともあります。自分以外の異性が忘れて行ったものや置いて行ったものを見つけたら、捨てずに保管しておきましょう。

避妊具

パートナーと普段から車の中でセックスをしている場合は別ですが、そういったことがないにもかかわらず、車の中に避妊具が置いてある場合は、かなり要注意です。相手がいなければ使うことはないものですので、浮気の可能性はかなり高いと言えます。

プレゼント

浮気相手にもらったプレゼントや浮気相手に送る予定のプレゼントは、家にも持ち込めず、かといって、捨てるわけにもいかないので、車の中に隠してあるケースが多いようです。車の中をチェックするときには、車に乗せてある荷物やトランクなどまでチェックしましょう。

車の中のココをチェック!

車のダッシュボードやサイドポケット

運転中は、高速道路の料金所やガソリンスタンドで受け取った領収書をダッシュボードやサイドポケットについつい入れてしまいますよね。パートナーと行ったことのない場所へ浮気相手と行った痕跡が見つかるかもしれません。まれに、浮気相手の忘れ物や、意図的に残した物が入っていることがあります。運転席上部のサンバイザーの裏も要チェックポイントですよ。もちろん助手席側や後部座席のサイドポケットにも何かが残っている可能性がありますので、見逃さないようにチェックしましょう。

ゴミ

車内のゴミ箱は、その日の痕跡が残りやすい場所です。車内での飲み物やお菓子のゴミ、タバコの空き箱などから、パートナー以外に誰かが乗ったかどうかを判断することができます。車内のゴミの中でも、特に注意が必要なのが「丸めた紙のゴミ」です。「見られてはいけない」という意識が働いた場合、無意識のうちに丸めてしまう傾向にあります。丸めた紙ゴミは有力な手がかりである可能性が高いため、見つけた場合は必ず中身をチェックしましょう。高速道路や飲食店の領収書が隠れているかもしれません。

灰皿

車の中の灰皿にパートナーが吸っている銘柄の吸い殻以外のものがないかをチェックします。特定の銘柄のものが多いようであれば、特定の人を乗せている可能性があります。女性が好みそうな銘柄の吸い殻や、口紅がついた吸い殻があれば、浮気の可能性は大きいと言えます。しかし、パートナーが車内禁煙にしている場合は、灰皿も使われていないかもしれません。

カーナビの履歴

カーナビには、以前使った走行ルートや入力した目的地が残っていることがあります。パートナーが普段行かないような場所に行っていたり、普段使わないような道を走っていないかを確認することができます。「○○に出張だった」と言っていたのに、走行履歴が違う場所を示していたら、明らかにおかしいですよね。カーナビの履歴も、浮気の足取りを探す有力な手掛かりになります。

ETCカードの履歴

最近は高速道路でETCを使用する人も増えています。ETCカードは利用証明書と走行明細を発行することができます。ETCカードの履歴を見れば、どこの料金所を通過したかわかるので、パートナーがどこへ行ったのか推測ができますね。カーナビの履歴と同じで、聞いていた出張先とは違う場所の料金所を通過していれば、浮気相手と遠出をしていたのかもしれません。ETCカードの履歴で浮気がバレないよう、敢えて現金を支払っている場合もありますので、ゴミのチェックもあわせて行うと良いですね。

走行距離

走行距離のメーターは基本的に操作することができなくなっています。定期的にチェックしていると、毎日の走行距離がわかりますよね。こまめにチェックすると、パートナーが通勤以上の距離を走行していたり、不自然に長い距離を走っていることが一目瞭然です。走行距離のチェックは、期間が空いてしまうと意味がありませんので、こまめに行うことがポイントです。

助手席のシート、位置や角度

シートの位置が違ったり、背もたれの角度がいつもと違っていたら、誰かほかの人を乗せた可能性があります。男性は、シートの位置が後ろの方で、背もたれを倒し気味にすることが多いのですが、女性はシートが前寄りに、シートはたち気味にする傾向にあります。いつも座っているシートの位置や角度と、どのように変化しているかで、男性が乗ったのか女性が乗ったのかを推測することができますよ。

また、シートに家族の誰とも違う髪の毛が落ちていたり、使っていないシャンプーや香水の香りが付いている場合もあります。浮気相手を乗せるのは、基本的に助手席であることが多いので、助手席はしっかりチェックしておきましょう。しかし、シートの位置や角度の違い、髪の毛が2、3回確認できたからと言って浮気をしているとは限りません。できるだけ長い間続けてみた方が良いでしょう。

車に乗せてある荷物やトランク

いつも車にゴルフバッグやクーラーボックスなどを積んでいる場合は、その中もチェックする必要があります。浮気相手からもらったプレゼントや記念品、浮気相手に贈る予定のプレゼントなど、家に持ち込むことができないものが隠されている場合があります。プレゼントなどの見られては困るものは、トランクやスペアタイヤを積むスペースに隠されている場合もあります。中にはラブホテルの会員カードやプリペイド式携帯電話が見つかるケースもあるんですよ。

こんなところもチェックしよう!

芳香剤

パートナーが急に芳香剤を使うようになった場合、急に芳香剤の好みを変えた場合も注意が必要です。女性の化粧品や香水の香りは、車の中では時間が経っても消えにくいものです。浮気相手の残り香を消すために、芳香剤を使っているのかもしれません。ただし、気分によって芳香剤の香りを変える場合もありますので、芳香剤を使うようになったからと言って必ずしも浮気と結びつくとは限りません。車内の他の様子とあわせてチェックしてみてくださいね。

CDや小物類

車内にCDなどの音楽ソフトを積んでいる人は多いと思います。パートナーの趣味と違うものが乗っていたり、パートナーが今まで聴かなかったジャンルの音楽を聞き始めたりする場合は、浮気相手の影響を受けている可能性があります。また、車の中に置いてあるキーホルダーやぬいぐるみなどの小物が増えている場合も、浮気相手と出かけた先で購入した物の可能性がありますので要注意です。車の中に置いてあるガムなどのお菓子も、パートナーの好みのものかをチェックしてみてくださいね。

ガソリン代

家計を管理している人であれば気づくと思います。急にガソリン代が増えた場合は、浮気相手と出かけたり、浮気相手の家に行くのに車を使っているということです。しかし、ガソリン代は多かれ少なかれ毎月変動するため、ガソリン代が急に増えたから必ず浮気をしているとは限りません。ガソリン代だけでは判断がしづらいため、他にも怪しいところはないか、継続的にガソリン代が高くないかを見ていきましょう。

車内チェックのポイント

忘れ物や意図的な落とし物は捨てずに保存

車の中から浮気相手のアクセサリーや口紅などが出てくることは珍しくありません。浮気相手が意図的に落し物をするケースも多いようです。シートの隙間や足元に自分以外の女性のものを見つけたときは、怒りや苛立ちから捨ててしまいたくなるかもしれません。しかし、それは浮気の証拠品です。将来的に役に立つときが来るかもしれませんので、大切に保存しておきましょう。

ガムテープやコロコロを活用

パートナーが几帳面な性格の場合、浮気の証拠になりそうなゴミなどは捨て、カーナビの履歴なども削除していることがあります。しかし、浮気相手を車に乗せるたびに、車の中に掃除機をかける人は少ないでしょう。助手席のシートや足元は、浮気の証拠が意外と溜まりやすい場所です。コロコロローラーやガムテープを活用すれば、目で見るだけでは見つけられなかった髪の毛などを見つけることができますよ。車内チェックには、ガムテープやコロコロを活用しましょう。

座席からの死角は忘れずチェック

シートの真下は座席から資格になりやすいため、落し物に気づかずに放置されていることがよくあります。もしかしたらシートの下に、浮気相手とのデートの証拠が残されているかもしれません。座席や足元だけでなく、シートの下も必ずチェックするようにしましょう。

パートナー専用車の場合は車内のものを移動させない

車内に浮気の痕跡を探そうと必死になっているうちに、車内の小物などの配置を動かしてしまわないように気を付けておきましょう。浮気を疑って車内を見たとパートナーにばれてしまうと、それ以後は証拠集めができなくなってしまう可能性があります。車内のものはできるだけ動かさない、動かした場合は元に戻すようにしましょう。

写真や動画を活用

気になるものが見つかった場合は、写真に撮ったり、動画に記録しておくといいですね。また、走行距離をチェックするのにも、メーターの距離計の写真を撮っておくと、1日の走行距離を確認することができ、異常に遠出した場合でも気づきやすいかもしれません。

ある程度は長期スパンで

浮気の疑いがある場合、早い段階で決着をつけたり浮気を問い詰めたりしたくなるでしょう。しかし、車内のゴミにしても、カーナビの履歴にしても、単発的では浮気だと断定することはできません。2~3回怪しいことがあったからと言って、浮気をしているとは限らないのです。ある程度長期的に継続して、観察したり車内チェックを行ったりする必要があります。多くの証拠が複数回出てくるようであれば、浮気は濃厚と言えるでしょう。

最後に

車の中は、パートナーの浮気を探るのにピッタリな場所です。パートナーの行動が怪しいと思ったときは、車内のチェックをおすすめします。パートナーが専用の車を持っている場合は、車内を隅々までチェックするのは難しいかもしれませんが、パートナーの車で出かけたときにさりげなくチェックしたり、一旦帰ってから「車の中に忘れ物したから取りに行ってくる」とカギを借りるなど、怪しまれないように工夫しましょう。

▼ おすすめ関連記事
携帯電話やスマホの浮気の痕跡は?メールやLINE、出会い系アプリ、通話履歴など

▼ おすすめ関連記事
財布で浮気の痕跡をチェック!レシートやクレジットカード、現金、名刺などで証拠集め

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.