1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気許せない!妻の妊娠中に浮気する夫に多い原因のパターンや兆候について

2017/05/18更新

許せない!妻の妊娠中に浮気する夫に多い原因のパターンや兆候について

妊娠中の妻

妊娠中は不安になることも多く、そんな時こそ夫にはそばにいて欲しいですよね。しかし、実は妊娠中に浮気をする夫は非常に多いんです。妻の妊娠中に浮気をする夫に多い原因のパターンや兆候について解説していきましょう。

妊娠中に浮気する夫は多い

妻の妊娠中、出産時に浮気をしてしまう男性は多いと言われています。特に、夫との夫婦関係が母親と子供のような関係に近い場合や、夫が家庭内で常に主役でいたいタイプの場合は注意が必要です。

妊娠中に夫が浮気をする理由

セックスレスが原因

一般的には妊娠中はセックスレスになりやすいことから浮気に走りやすいと言われています。「安定期に入るまでは避けましょう」、「お腹の張りを感じたらやめましょう」など、妊娠中のセックスにはさまざまな制約が出てきます。妻が妊娠したからといって夫の性欲がなくなるわけではありません。また、妊娠中の女性は、つわりなどの体調不良、妻自身の体形の変化、胎児への影響を懸念してセックスを拒否することも多くなります。中には状況によってセックスを控えるように指導されている場合もあります。10ヶ月という長い間、満足いくセックスができない、妻とセックスできない夫は欲求不満になり、その欲望を別の女性で解消しようとしてしまいます。

また、どちらか一方が我慢しているようなセックスは、何の意味もありません。例えば、妻が体調悪くても「夫の浮気防止のために」と無理して相手をしたり、妻の体調の悪さを理解しながらも夫は自分の性欲を満たすことだけを考えているような場合のように、お互いを思いやれない夫婦は、妊娠中の浮気以前に、夫婦関係が崩壊しかけているとも言えます。

▼ おすすめ関連記事
セックスレスからの不倫は王道!夫も妻も性欲解消や寂しさから浮気に走る

妻に構ってもらえない

女性は赤ちゃんを妊娠すると、夫だけに構っていられなくなります。病院に通ったり、赤ちゃんグッズを準備したりと、生まれてくる赤ちゃんのために使う時間が長くなりますよね。自分のつわりや体調の変化、体型の変化などに戸惑うこともあります。自分のことと赤ちゃんのことで精一杯になってしまいがちで、夫をないがしろにしてしまう傾向があります。

生まれてくる赤ちゃんが一人目の場合、今まで一番に構ってもらえていた夫が構ってもらえなくなることで寂しさを感じることもあります。すでに他にも子どもがいる場合は、ますます夫に構っていられず、それどころか夫の家事負担が増えることもあります。妊娠すると妻の態度や家庭内の環境が急激に変化するため、夫は対応できず外へ癒しを求めるようになるのです。

妻の情緒不安定

妊娠するとホルモンバランスが乱れ、情緒不安定になる女性がたくさんいます。全体の8割もの妊婦さんが、妊娠による情緒不安定を経験していると言われています。些細なことでイライラしたり落ち込んだりしてしまうため、夫に八つ当たりした経験のある女性も多いのではないでしょうか。出産に対する不安でふさぎ込んでしまうこともありますよね。

毎日仕事をしている夫は、家庭で癒されたいと思っています。妻から笑顔で「おかえり」と言ってもらいたいのです。仕事から疲れて帰っても、毎日のように八つ当たりされたり、ふさぎ込んでいる妻をなだめたりしていては、ストレスを吐き出す場所がありませんよね。夫も妻と過ごすのが苦痛になり浮気に走ってしまいます。

父親になるプレッシャー

妻が妊娠すると、夫はいろいろな人から「父親になるんだから」という言葉をかけられるようになります。「父親になるんだからしっかりしないといけない」、「これから家族を養わないといけない」と父親になることへのプレッシャーを感じてしまう夫もいます。プレッシャーがストレスになり、浮気に走ってしまいます。男性は妊娠や出産を経験しないため、妻よりも父親になる自覚が芽生えるのが遅いと言われています。父親になる自覚が芽生えていない夫は、妻が女性から母親へと変化する姿についていけず不安や戸惑いを感じるのです。

「妻の妊娠」は浮気の言い訳かも

妻の妊娠中は「セックスができないから仕方ない」、「妻が妊娠中で情緒不安定だから外に癒しを」などの理由から夫は浮気をします。しかし、その理由は本当なのでしょうか。妻が妊娠中の夫が全て浮気をするわけではありません。セックスができなくても、妻が情緒不安定でも浮気をしない夫はたくさんいるのです。むしろ、妻の妊娠中こそ妻を一層大切にする夫もいます。妻の妊娠期間を共に楽しみ、出産を心待ちにしている夫は、浮気をしようなんて考えもしないでしょう。

妻の妊娠を言い訳に浮気をする夫は、もともと浮気願望を持っていた可能性があります。妻の妊娠をきっかけに、浮気の虫が騒ぎだしただけなのかもしれません。妻の妊娠中に浮気をする夫は、妻が妊娠していなくても、遅かれ早かれ浮気をするでしょう。

妊娠中の浮気がクセになるかも

妻の妊娠中にさまざまな不満やプレッシャーから浮気に走ってしまう男性は非常に多いものです。「ちょっとだけ」、「妊娠中だけ」のつもりで始めた浮気でも、妻に隠れて密会をするスリルや浮気の刺激が忘れられなくなってしまうケースがあります。結果、浮気癖になってしまう可能性があるのです。

浮気癖が重症化すると、浮気相手とのデート代やホテル代を捻出するために生活費に手を付けてしまったり、中にはギャンブルや借金に手を染めてしまう人もいます。浮気相手に本気になってしまったり、浮気相手を妊娠させてしまうこともあります。妻の妊娠中に軽い気持ちで始めた浮気が、家族崩壊へと発展してしまうケースもありますので、妊娠中の浮気は特に注意が必要です。

浮気の兆候

携帯・スマホの扱い方の変化

浮気の兆候が表れやすいのは携帯電話やスマホの扱い方です。家の中に居ても携帯やスマホを肌身離さず持つようになったり、ロックをかけている、マナーモードにしている場合は、浮気相手とメールやラインのやり取りをしている可能性があります。お風呂やトイレにまで持ち込むようになったら、かなり怪しいと言えるでしょう。また、浮気相手と一緒に居るときには電源を切っていたりマナーモードにしている男性がほとんどです。こちらからの電話がつながらない、いつも電話に出ない、という場合も警戒が必要です。

浮気をしている男性は、通話履歴やメールをこまめに削除しています。名前を男性に変えて登録するなど、浮気がばれないように警戒をしているはずです。そんな中、携帯を見たことに気づかれてしまうと、さらに警戒を強めてしまい、浮気の痕跡が見つけにくくなってしまいます。携帯やスマホの中身を見ることで、簡単に情報をつかむことができるかもしれませんが、リスクが高く、万が一離婚調停などに発展した場合でもメールやラインは証拠になりにくいため、あまりお勧めしません。扱い方の変化を見た方がリスクも少ないですし、それだけでも浮気の兆候は見えるでしょう。

▼ おすすめ関連記事
常に携帯やスマホを持ち歩くのは浮気の証拠?夫や妻が肌身離さず持ってたら注意

帰宅時間の変化

浮気をしていると浮気相手と過ごす時間を確保するために、帰宅時間が遅くなったり、休日に一人で外出する機会が増えます。男性は、仕事を理由にすれば妻が何も言えないことをわかっています。浮気を始めると、残業や会社の飲み会を言い訳に使う男性が非常に多く見られます。急に残業や会社の飲み会、出張が増えた場合は浮気をしているのかもしれません。休日出勤が増えることもあります。確かに、毎日忙しくて帰宅時間が遅くなる場合もあるでしょう。忙しい部署に異動になり、急に帰宅時間が遅くなることもあるかもしれません。

しかし、本当に残業なのか見極めることが必要です。残業や飲み会、休日の一人外出から夫が帰ってきたときの臭いをチェックしてみましょう。浮気相手と過ごしたのであれば、シャンプーの臭いや香水の移り香がするかもしれません。いつもと違う臭いがしたら浮気の可能性は大きいと言えます。

また、二人でゆったりとくつろいでいるときなどに「最近仕事忙しいの?」、「どんなことをしているの?」とさりげなく仕事に関する話題を出してみましょう。本当に仕事が忙しかったり、悩んでいたりすれば話してくれるかもしれません。じっくりと夫の話に耳を傾ける時間を作ってあげるといいですね。話を聞いてみても浮気をしている疑いがあると感じるようであれば、帰宅時間以外におかしな言動がないかチェックすることが必要です。

▼ おすすめ関連記事
今日も帰りが遅い夫の浮気を疑うべき?浮気なら離婚も考えた方がいいの?

▼ おすすめ関連記事
旦那の残業は不倫の口実かも!部下や同僚と浮気していても残業ならバレにくい

服装や趣味の変化

男性は意外と女性の影響を受けやすいと言われています。浮気相手を意識して急にお洒落になったり身だしなみを気にするようになることがあります。服装の好みが変化した場合も浮気相手の影響を受けている可能性があります。また、今まで全く興味を持たなかった系統の趣味を始めたり、今まで聞いたことがないような音楽を聞き始めたりした場合も要注意です。

▼ おすすめ関連記事
夫が突然オシャレになったのは浮気の兆候!服装の変化は不倫相手がいるから?

▼ おすすめ関連記事
急に夫が身だしなみを気にしはじめるのは浮気のサイン!不倫の際の怪しい行動

金銭感覚の変化

浮気相手とのデート代、ホテル代など、浮気をするにもお金がかかります。お金を持っている男性ほど浮気をすると言われるのは、浮気にもお金がかかるからなんですね。何かと理由をつけてお金を欲しがったりするようになった場合は浮気の可能性があります。浮気相手にのめり込んでしまうと、最悪の場合は、お金欲しさからギャンブルや借金をしてしまうことがありますので、注意が必要です。

妊娠中の浮気を防ぐために

コミュニケーションをとる

妊娠すると体調が優れなかったり情緒不安定に陥ることもあるでしょう。夫のことを気にかける余裕なんてないこともあるかもしれません。しかし、夫もまた、妻のそんな姿を目の当たりにすることでいろいろと思うところがあるはずです。今何を感じているのか、何に不安を持っているのかをお互いが理解し合うことで、お互いに対する不満は少なくなります。妊娠は環境の大きな変化をもたらします。だからこそ、コミュニケーションがとても大切なのです。たくさんコミュニケーションを取りましょう。

また、夫は元気であるがゆえ、性欲を抑えることが難しい場合もあるということを理解してあげることも必要です。セックスについても話し合った方が良いでしょう。どの程度のセックスならできるのか、夫としてはどの程度のセックスをしたいのか、しっかりと話し合うことで妊娠中のセックスレスによる不満を減らすことができますよ。負担にならない程度で、できるだけスキンシップを取る工夫をし、夫の不満が爆発してしまわないように心がけることも大切です。

妊娠の喜びを一緒に感じる

女性は胎動を感じることで、さらに母親としての自覚が出てきます。しかし、男性は自分の体で胎動を感じることはなく、いくら妻が「動いたよ」と言っても、その感動はなかなか伝わらないものです。早い人では妊娠5か月ほど胎動を感じられるでしょう。胎動を感じたら、夫にもできるだけお腹を触ってもらったりしながら胎動を感じてもらいましょう。「お腹のここが内側から押された感じ」などと具体的に伝えるのも効果的です。赤ちゃんの動きを肌で感じることで、夫にも生まれてくる新たな命を感じてもらうことができます。父親としての自覚を芽生えさせるためにも、妊娠中だからこそ感じられる喜びを一緒に分かち合いましょう。

ストレスを発散する

妊娠中はホルモンバランスが乱れるため情緒不安定になりやすいと言われており、実際に多くの人が妊娠中の情緒不安定を経験しています。いつもよりストレスを感じやすくなっていたり、イライラしたりすることが多くても、情緒不安定になっているんだと自覚しておくことが必要です。お友達とおしゃべりをして過ごしたり、カラオケに行って大声を出したりしてストレスを解消するようにしましょう。一人で映画を観て大泣きするのもストレスの軽減には効果的ですよ。情緒不安定のせいで夫と険悪にならないよう、ストレスの発散は大切です。

最後に

妊娠中の女性は、生まれてくる子どもにばかり意識が向いてしまいがちです。情緒不安定になりやすく、身近な夫に不満やイライラをぶつけてしまうことも多くなります。しかし、妻の妊娠中は、夫も夫なりにいろいろと感じていることがあります。だからと言って浮気をするのは許されることではありませんが、妻の妊娠中に夫が浮気に走るのは、夫の性欲だけが原因ではないのです。夫が浮気をしてしまわないように、妻も努力が必要です。しっかりとコミュニケーションを取ってお互いの不満を理解し、より良い夫婦関係を築くようにしましょう。

▼ おすすめ関連記事
妊娠中に多い夫の浮気に要注意!妊娠中に性病に感染すると影響が心配

▼ おすすめ関連記事
里帰り出産中の旦那の浮気の防止方法!浮気が急増する理由とチェックの仕方

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.