1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

2017/05/18更新

どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

あなたにとって、どこからが浮気ですか?あなたの何気ない行動でも、パートナーから見ると「浮気をした」と思われているかもしれません。反対に、あなたが「浮気された」と思っていても、パートナーは「こんなの浮気に入らない」なんて思っているかもしれません。今回は、そんな浮気のボーダーラインについて説明していきます。

浮気ギリギリ?浮気に入るという意見も

連絡先の交換

新たに知り合った異性と連絡先を交換するのは浮気でしょうか。これは人によって「浮気になる」という意見と「浮気じゃない」という意見があるようです。社会人の場合は特に、取引先の相手が異性であることも多いため、連絡先の交換が全て「浮気だ」と言われてしまうと困ってしまう場合もありますよね。しかし、プライベートで新たに知り合った異性と連絡先を交換する場合は、「連絡先を交換することで何かが起こる可能性が高くなるからNG」としているカップルも多いようです。また、「気持ちがないなら連絡先を交換する必要がない」という意見もあります。何かが起こる前に、浮気の芽を摘み取っておきたいのかもしれませんね。

異性との飲み会

打ち上げなど大勢での飲み会に参加すること自体は、OKとするカップルが多いようです。飲み会に参加すること自体は浮気には入らなくても、その後二人きりで帰る、なんていう行為は浮気を疑われる可能性があります。異性がいる大人数の会合に参加する場合でも、「二人きりにならないならOK」、「お酒を飲まなければOK」など人によって許せるラインが違います。嫉妬深い恋人の場合は「異性がいるなら大人数でもNG」という可能性もあります。お互いよく話し合ってボーダーラインを決めておくと良いですね。

▼ おすすめ関連記事
既婚者合コンの実態は?男女の不倫のきっかけになる既婚者同士のコンパ

会話中のボディタッチ

特に女性は、会話中のボディタッチを無意識にしてしまいがちですよね。しかし、頻繁なボディタッチは「体に触れるぐらい親しい関係」と見られても仕方がない行為です。ボディタッチをしている本人、されている異性は悪気がなかったとしても、パートナーは浮気を警戒してしまいます。異性を誘惑するためにボディタッチを頻繁にする人もいますので、ボディタッチが多すぎると浮気判定されてしまうかもしれません。

二人で食事

二人での食事が浮気になるかどうかは、その状況によっても違いますし、カップルによってもかなり意見が分かれるようです。どんな理由であっても二人っきりで食事をするのはアウトだという意見も見られる一方、報告さえすればOKだというカップルもいます。確かに、社会人になると仕事の流れで食事に行くこともありますよね。役職に就いている人の場合は部下の相談に乗ることだってあります。しかし、やはり「二人っきり」という点を問題視する人が圧倒的に多いようです。やましいことがなければ、二人っきりで食事に行く必要もないのかもしれませんね。

浮気だと判断される行為

頻繁な電話やメールのやり取り

交友関係が広い人や、会社内のやり取りが多い人の場合、異性と頻繁に連絡を取ることがあるでしょう。しかし、特定の異性と1日に何十回も連絡を取ったり、恋人に隠れて連絡をすることはありませんよね。「特定の異性」と「恋人以上に頻繁に」連絡を取り合うのはNGです。恋人が一番ではない状況だと、心が動いていると誤解をされるのも仕方がないのかもしれません。また、「恋人に隠れて」連絡を取っている場合もNGです。「隠れて連絡を取るなんて、言えない相手なの?」なんて疑われてしまいます。あなたに浮気の意識がなかったとしても、恋人への隠し事は誤解を招くことになりますよ。

二人で外出

異性と二人きりで出かけるのも浮気判定されます。わざわざ約束をして二人きりで会うということは、「お互いにその気がある」と思われても仕方がない行為です。基本的にNGとしているカップルが圧倒的に多いようです。しかし、交友関係が広く、男女問わず友達が多い場合は、異性と二人で出かけることもあるかもしれません。パートナーに内緒で他の異性と遊びに行くと、浮気判定されても仕方ありません。また、定期的に他の異性と会っている場合も、恋人関係に発展する可能性が高いと見られてしまうため、NGです。カップルの交友関係なども関係してきますので、他の異性と二人で外出するのはOKなのか、事前に確認しておく必要がありそうですね。一般的には浮気だと判定されてしまうということを頭に入れておきましょう。

▼ おすすめ関連記事
妻が男友達と遊ぶのってアリ?ナシ?夫じゃなくて男友達と遊びに行くのは許せる?

▼ おすすめ関連記事
夫が女友達と2人で会うのってアリ?ナシ?女友達が嫌で嫉妬するのはだめ?

異性にプレゼントをあげる

付き合いやお返しなどで異性にプレゼントを贈ることもあるかもしれません。しかし、特定の異性だけにプレゼントをあげることって、なかなかありませんよね。特定の異性にプレゼントをあげるのは、基本的に浮気だと思われてしまいます。プレゼントだけでなく、旅行のお土産などの場合でも、特定の異性だけに買うのは「おかしい」と思われてしまう行為です。プレゼントやお土産の値段に関係なく、プレゼントをする行為が浮気とみなされます。

キスする・セックスをする

キスは恋人同士の気持ちを確かめる、大切なコミュニケーションです。キスができるということは、気持ちがあるという証拠ですよね。身体の関係に発展するのも時間の問題です。セックスも本来は恋人同士が行うスキンシップです。パートナー以外の異性とのキスやセックスは、当然浮気だと言えます。一般的に恋人同士がする行為を、パートナー以外の異性とすれば、浮気だと断定して良いでしょう。

ただし、キスやセックスをしていることがわかったから言って、その場で問い詰めるのは避けましょう。問い詰めても、「魔が差しただけ」、「たまたま」などと言い訳で逃げられてしまうことがあります。パートナーが継続的に浮気をしているのか、特定の相手なのか調べて、浮気の決定的な証拠を複数回分集めることをおすすめします。それと同時に、パートナーとの関係を修復したいのか、別れたいのかも冷静に考えるようにしましょう。浮気の兆候があれば、できるだけ早めに手を打ちたいですね。時間が経てばたつほど泥沼化する可能性は高くなりますし、浮気ではなく本気になってしまう可能性もあります。

▼ おすすめ関連記事
キスフレは浮気じゃないと思う男女が増えてる?キスフレのありな範囲はどこまで?

特定の異性の家に行く・自宅へ呼ぶ

特定の異性の家に行ったり、特定の異性を自宅へ呼んだりする場合も浮気をしていると言えるでしょう。大人数であれば、ただ遊んでいただけかもしれませんが、二人きりであれば浮気です。自宅で何十分もこもっていれば、法的には浮気として立証できる可能性は高くなります。しかし、「相談にのっていた」などという言い訳で逃げられてしまうことがありますので、こちらの場合も複数回の決定的な証拠を集めておくとよいでしょう。

何もしてなくても、気持ちが動いたら

たとえ二人で出かけたりセックスをしていなくても、気持ちが他の異性に向いてしまったら、それは浮気になるでしょう。パートナーよりも他の異性を優先してしまったり、パートナー以外の異性のことを考えるとドキドキしたりと、気持ちが動いてしまえばパートナーに対してドキドキしたり思いやりの気持ちを持てなくなってきます。パートナーと恋人関係を継続するのは難しいですよね。そのまま別れに発展する可能性は大きいと言えます。一度離れた気持ちを取り戻すのは容易ではありません。

パートナーに隠しごとをすると浮気を疑われる原因に

どんな行為でもそうですが、やましいことがなければパートナーに堂々と話せるはずですよね。やましいことがなければ嘘をつく必要もありません。「隠し事をする(嘘をつく)=やましいことがある」と認識する人は非常に多いものです。「隠れてまで連絡を取りたい相手がいる」、「嘘をついてまで会いたい人がいる」と思われてしまいます。そもそも、嘘や隠し事は、異性関係だけに関わらずパートナーからの信頼を失い、パートナーを傷つける行為です。パートナーを大切に思うのであれば、嘘や隠し事はしないようにしましょう。

浮気のボーダーラインあれこれ

ボーダーラインは人によって違う

浮気のボーダーラインは、人それぞれ違います。自分としては何気ない行動だったとしても、パートナーからすれば「浮気された」と認識されてしまう場合もあります。浮気を疑われると、自分も不快ですし、浮気相手と疑われた異性にも迷惑をかけてしまう可能性があります。パートナー以外の異性と仲良くする場合は、自分の楽しみだけを考えてはいけません。パートナーを大切に思うのであれば、パートナーが気分を害することはしないことが大切です。友達であっても異性は異性なのです。パートナーへの配慮を忘れず、友達とはきちんと線引きをしておくといいですね。

ボーダーラインは男女で差があることを認識しておこう

男性と女性では恋愛に対しての価値観が違うため、浮気のボーダーラインにも差があります。例えば、男性がパートナー以外の女性を遊びに誘った場合、女性は、誘った「行為」よりも、誘おうと思った「気持ち」を浮気だと認識します。男性は、特に意識せずにその場のノリで女性に連絡先を交換したり遊びに誘ったりしますよね。女性としては、その行動そのものよりも、その行動の原因となった気持ちを重視するのです。

一方、男性は、パートナーが他の男性と「キスをする」、「自分から手をつなぐ」など体の接触があると浮気だと認識する傾向にあります。女性は何気なく男性にボディタッチしてしまうことが多いのですが、男性からすると、それは浮気の兆候に見えるわけです。このように男性と女性では、浮気のボーダーラインに差があります。「浮気した」、「浮気じゃない」とケンカになってしまう前に、お互いの許容範囲をしっかりと話し合って、ボーダーラインを決めておくことが必要です。

不倫の基準は「肉体関係」

不倫の場合は、肉体関係があったと証明できれば法のもとで不倫だと認めてもらえます。肉体関係がなければ、二人で食事をしようが、頻繁に連絡を取ろうが、不倫だと認めてもらえないのです。また、浮気には明確な基準がありません。浮気の基準は、パートナーが精神的に苦痛を感じるかどうかで決まるのです。

浮気の兆候を見逃すな!

携帯やスマホは秘密の宝庫。でも覗き見は×

浮気をしていると確実に変化が現れるのが「携帯電話やスマホの扱い方」です。「ロックをかけるようになった」、「トイレやお風呂にまで持っていく」、「家に居てもマナーモード」というのが代表的な例です。それ以外にも、電話がかかってきたら外に出ていくようになったり、今まで以上に頻繁にメールをチェックするようになります。普段からパートナーの携帯やスマホの扱い方を見ていれば、変化が現れたときすぐに気づくでしょう。

また、浮気をしている人は、浮気相手と過ごしている間はパートナーからの電話を避ける傾向にあります。こちらからの電話に出ないことや、電話がつながらないことが増えた場合も浮気を疑っても良いかもしれません。

メールやラインを勝手に見る人も多いようですが、それはあまりお勧めしません。ある程度の情報が得られるかもしれませんが、浮気を疑って携帯を盗み見たことがパートナーに知られれば、関係が悪化してしまう可能性があります。また、浮気相手の名前を変えて登録していたり、メールや通話履歴を削除している可能性もあります。携帯やスマホの中身を覗き見する前に、扱い方を見てみてくださいね。

▼ おすすめ関連記事
携帯電話やスマホの浮気の痕跡は?メールやLINE、出会い系アプリ、通話履歴など

浮気をしたら日常生活のパターンに変化が起こる

浮気をすると、帰宅時間が遅くなったり、外出が増えるなど、日常生活に変化が起こります。急に仕事が忙しくなって、残業や休日出勤が増えたり、他の友達との約束が増えたりします。だからと言って100%浮気をしているとは限りませんが、日常生活に急に変化が起こった場合、もしかしたら浮気をしているのかもしれません。帰宅時間の変化や休日の過ごし方以外にも、浮気相手の影響から服装や音楽の好みが変わったりすることがあります。先ほども説明した「携帯やスマホの扱い方の変化」と同時に、日常生活も変化していないか、チェックしておきましょう。

最後に

浮気のボーダーラインや恋人の行動の許容範囲は、人によって大きく異なります。必要もない疑いをかけたりかけられたりして、関係が険悪になってしまうのは嫌ですよね。そうならないためにも、浮気のボーダーラインはどこなのか、どこまで許容できるのかを、しっかりと話し合っておきましょう。

▼ おすすめ関連記事
ソフレは許せる?添い寝フレンドの定義や意味!それって浮気に入らないの?

▼ おすすめ関連記事
恋人じゃないキスフレやソフレ、セフレって?彼氏彼女がいても○○フレンドを作る男女

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.