1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫ラブホテルでの浮気現場を目撃したときの対処法!夫が女と・妻が男とラブホにいたら

2017/05/18更新

ラブホテルでの浮気現場を目撃したときの対処法!夫が女と・妻が男とラブホにいたら

ラブホテルでの浮気現場

ある日道を歩いていると、たまたま夫や妻がラブホテルに入るところを見かけたり、最近怪しいと思いこっそり後を付けてみたらラブホテルに入っていったのを目撃したりなど、浮気現場を発見する話はよく聞きます。多くの場合頭に血が上ってしまい、すぐに携帯に電話をして今どこにいるのか問い詰めたり、ラブホテルから出てくるまで待ち伏せしてどういうことだと詰め寄ったりなどすることがあると思いますが、そこはぐっと抑えなければなりません。夫や妻の浮気現場を目撃した時、正しい対処法をすることで夫婦仲を修復することや、最悪離婚となった場合でも慰謝料などをしっかり請求することができます。

感情に任せて行動しない

夫や妻が他の異性とラブホテルに入る浮気現場を目撃したとしても、何よりも大事なことは冷静になることです。今まさにラブホテルに入って、事が行なわれようとしているのに冷静に待ってろというのか!と思うかも知れませんし、気持ちもわかりますが、それが後々あなたが優位に立ち浮気を解決するための大事な一歩なのです。冷静になるぐっとこらえる。簡単なようで難しいことですが、問い詰めたくなる感情をいったんしまって深呼吸しましょう。

証拠集めをする

夫や妻が自分以外の相手とラブホテルに入る時点で、ほぼ浮気は確定しているようなものです。しかし、その現場を目撃したとういだけでは証拠としては不十分であり、いくらその事実を言葉で伝えたとしても「相談に乗っていただけ。」「具合が悪くなって休ませてもらっていた。」など、さまざまな言い訳をして決して浮気を認めようとはしません。

なかには逆ギレされることもあるので、そうなってはただただ感情と感情のぶつかり合いになるだけで、なんの解決にもならず喧嘩別れをしておしまいになってしまいます。そうならないためにも、証拠となりそうなものはすべて記録し、十分な証拠として固めなければなりません。では、どういったものが証拠として使うことができるのかいくつかご紹介します。

証拠となるもの

写真

写真は配偶者と浮気相手の顔がしっかり分かるように写すことと、ラブホテルに入る瞬間や出てきた瞬間、そしてその現場がラブホテルだとわかるように撮りましょう。

ボイスレコーダー

証拠を集める際に、本人たちの会話は誤魔化しようのない大きな証拠となります。配偶者のカバンの中にひっそり忍ばせておくことで、決定的な会話や音を取ることができます。

こうした証拠を集めることで、浮気をしているという事実から逃げる事を防ぎ、話し合って仲を修復することもできますし、あなたが許すことが出来ないとういのであれば、離婚のための材料としても使うことができます。

▼ おすすめ関連記事
浮気の証拠になるの?シティホテルやビジネスホテルに不倫相手と入っていく写真

証拠不十分にならないようにする

いざ証拠集めをしたとしても、その証拠が浮気を立証するためには不十分であったり、意味をなさないものだったりすることがあります。また、仮に裁判になったとしても使える証拠と使えない証拠、また証拠として使えるようにするために不貞行為をはたらいた時間や回数が必要など、条件が揃えば証拠となるものもあります。

そのため、自分で証拠を集めようと頑張ってみたものの、どれが証拠として使えるものか、どれくらいの回数が必要なのかなどを考えていると、思った以上に手間や時間がかかったり、タイミングを逃して証拠を押さえることができなかったり、撮った写真がブレていたり顔がちゃんと写っていなかったりなど大変です。自分自身も仕事や家事など、しなければいけないことは山ほどあるわけですから、何日も浮気の証拠を集めるために張り付きにはなれません。もし、しっかりと証拠を集め長期戦ではなく短期戦で決着をつけたいのであれば、探偵に頼んでみることもひとつの手段です。

▼ おすすめ関連記事
LINEで不貞行為を暴いても証拠能力は低い!離婚調停で有利な証拠とは?

証拠が揃ったら今後を考える

いざ証拠が揃って勝負に出る前に、今後妻や夫とどうなりたいのかを改めて考えるようにしましょう。もう一度いい関係になれるように仲を修復したいのか、それとも離婚をして新たな人生を歩みたいのか。関係を修復したい場合と離婚をしたい場合では、やはり出方も変わってきますし話し合うポイントも違ってきます。また、どうしたいのかがはっきりしないまま証拠を突き付けても、ゴールを設定していないためにどこかで感情的になってしまい、証拠があるにもかかわらず泥沼試合にもなりかねません。やりなおすにしても別れるにしても、言語を見据えて話をすることがとても大事なのです。

責めるのではなく話し合う

証拠を集め今後を見据えることができたら、ついに話し合いの時です。ここで意識してもらいたいのは、『話し合う』のであって『責める』のではないということです。浮気をして裏切られている以上、責めたくなる気持ちはわかりますが、そこで一方的に責めてしまうとあなたにとってもよくありません。あなたに対して不満や寂しい気持ちがあり、つい浮気相手の心に出来てしまった隙間を埋めてもらっていたのかも知れませんし、あなたに対して気持ちがなくなってしまっているのかも知れません。

責めるのではなく聞くことで真意を知ることができます。そうすれば、きちんと話し合いやり直すことができるのかそうでないのか、正しい判断を下すことができます。もしも、感情的になってしまいそうだったり一人では心細いときには、共通の友人や親などを交え話し合いをすることで冷静さを保つことができます。後悔しないためにも、感情的にはならず冷静に対処するように努め、あなたにとって正しい選択ができるようにしましょう。

▼ おすすめ関連記事
妻と間男の両方に慰謝料を請求!不倫を徹底的に制裁する方法

▼ おすすめ関連記事
浮気を絶対に後悔させる仕返し方法!合法的な倍返しで徹底的に相手に復讐

▼ おすすめ関連記事
財布で浮気の痕跡をチェック!レシートやクレジットカード、現金、名刺などで証拠集め

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.