1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫妻の浮気束縛が強い妻や彼女の心理!実は束縛する女性は浮気をしている可能性も

2017/05/18更新

束縛が強い妻や彼女の心理!実は束縛する女性は浮気をしている可能性も

束縛する女性

うちの妻、うちの彼女の束縛が激しい。という男性はいませんか?何かというと浮気を疑ったり、いちいち今何をしているのかを確認するメールやLINEを送ってくる。そんな妻や彼女はちょっと息苦しいですね。そんな束縛も愛情の内と思っているかもしれませんが、それはどうでしょうか?束縛する女性の心理はかなり複雑、実は他の男性と浮気をしている可能性もあります。まさかと思う人は1度自分のパートナーの行動をチェックしてみましょう。

束縛女の心理

夫や彼氏を束縛しようとする束縛女の心理としては、相手を自分がコントロールしたいという思いがあります。パートナーをコントロールしたいという気持ちの裏側には、常に自分が主役でありたいヒロイン願望とも言える心理が働いています。ヒロイン願望のある女性というのは、全てのものごとが自分を中心に回っているという認識があります。自分の心地いい場所を作り上げるために周囲をコントロールしようとするのです。そのため、夫や彼氏を束縛する訳です。

夫や彼氏の趣味や仕事に口出しをし、食べ物やお金の使いみちに口出しをする。相手の自由意志を奪って自分に従えようとする心理が働いているので、自分のコントロールを外れた事態が我慢なりません。夫や彼氏は自分のために存在していて、意に添わない行動をしてはならない。そんなことを本気で考えているのがヒロイン願望を持つ束縛女です。さらに悪いことに、束縛女には自分が束縛しているという自覚がありません。自分は相手のためにやっていると思っているのです。

全部相手のためという言い訳

束縛女の特徴として、夫や彼氏に対する束縛を全て相手のためという主張をするというところがあります。本人は本気でそう信じているので、決して自分が間違っているとは認めません。しかしパートナーのために束縛するというのであれば、浮気などしないはずなのですが、本音の部分では結局は自分のためなので、束縛女は浮気をしやすい性質を持っています。自分の心地よい状態を作るためにパートナーの行動を縛ることに平気なのですから、自分の心地いいことならどんな理屈を使っても行うことを正しいことと考えられるからです。

パートナー以外に魅力的な男性と出逢い、その相手と浮気をすることが楽しいのなら、ためらわず浮気をします。そうして浮気がバレると、相手が誘ったなどと平気で嘘をつくのがこのタイプの女性の典型的な性格と思っていいでしょう。束縛を相手のために行っていると言い張る女性は、常に自分のために理屈のすり替えを行っているのです。夫や彼氏を愛しているから束縛するのではありません。自分にとって都合がいいから束縛しているのです。だからこそ束縛女は機会さえあればあっさりと浮気もしてしまいます。

寂しがりやの一面も

相手を束縛するという行為には、相手を自分に縛り付けたいという気持ちが隠れています。なぜそんなことをするのかと言えば、それは1人になりたくないからです。相手に自由意志や行動を許せば、たちまち自分から離れるのではないか?という不安があるので、決して束縛を緩めません。こういった寂しがりやの女性の多くは、頼らせてくれる男性を常に求めています。束縛女が夫や彼氏に予定や帰宅時間をしつこく聞くのは離れている時間が耐えられないからです。

勘違いをする人もいますが、それはパートナーを愛しているのではなく、孤独が嫌なだけで、自分のために相手を利用しているだけに過ぎません。だからこそ相手が自分に逆らうとヒステリックになったり、泣き出したりして、相手を非難し始めます。愛想を尽かしてパートナーが去ろうとすると、たちまち頼りなげで寂しい女性として泣きついてそれを止めます。このタイプの女性の怖いところは、生来の演技達者なので、いくらでも平気で嘘をついて男性をコントロールしようとするところでしょう。いくら寂しい気持ちが本当でも、その奥には、独りよがりの身勝手な素顔が覗いているのです。

束縛女が浮気をする理由

束縛女の多くがヒロイン願望のある寂しがりな女性であると説明しましたが、この性格が浮気に繋がりやすい困った資質となっています。夫や彼氏が仕事や趣味で自分の傍にいなくなってしまうと、寂しいのが苦手な束縛女は絶えられなくなり、他に自分を支えてくれる男性を求めるようになります。

夫が仕事中や、出張中などに浮気する妻が多いのはこれが理由です。自分が寂しいのに自分のそばにいないのはパートナーの男性が悪いからその間に他の支えてくれる男性と付き合っても自分は悪くないという考え方をします。普通に考えれば酷い話ですが、長い間自分を1人にしているような夫や彼氏が悪いのだから、自分が浮気をしてもそれは仕方がないと考えられてしまうのです。自分がヒロインという意識のある束縛女にとって、それは正当な理由たり得てしまうのです。

基本的に束縛女が浮気をする理由というのは身勝手で、他人には理解出来ないものです。責任を相手になすりつけて自然に責任逃れをするのは、本能のように染み付いた思考方法なので、浮気の責任を押し付けられた夫や彼氏はたまったものではありませんが、本人にはその理屈が通ってしまいます。

束縛女の浮気を見抜くには

束縛女の特徴の1つに嘘が上手いというものがあります。女性というのはだいたいが嘘が上手いものですが、自分をヒロインとしてある意味ずっと演じている部分のある束縛女は、特に顔色1つ変えずに嘘をつくことが出来ます。男性がそれを見破るのはかなり難しいと言えるでしょう。また、束縛女が浮気をするのはパートナーが離れていて一緒にいることが出来ないときに限ります。多くの場合、それは会社であったり、単身赴任であったり、出張であったりするので、夫や彼氏自身が束縛女の浮気を確認するのはなおさら困難となってしまいます。

ただ、いくら嘘が得意でも、真実を誤魔化そうとすれば必ず何か矛盾が生じてしまいます。束縛してくる妻や彼女の振る舞いにそのような矛盾を感じたのなら、浮気の可能性があると考えていいでしょう。具体的に言えば、夫や彼氏の遠出を歓迎するような態度であったり、予定を聞くときに以前より念を押すようになったりした場合にはかなり怪しいと考えられます。そういった浮気の気配を感じたなら、きちんと調べておくべきでしょう。その際には個人で調べるには限界があるので、出来れば調査のプロの力を借りたほうが問題解決の近道となるでしょう。

相手に要求を突きつけるのは愛情ではない

大好きだから自分の傍にいてほしい、愛しているからあなたのために言っているの、などの言葉を束縛女は良く口にします。しかし一方的に要求を突きつけてくるようなものは愛情ではないでしょう。もし彼女が本当にパートナーを愛しているのなら、お互いの要求をすり合わせる努力をするはずです。

自分のパートナーの欲することを阻害して、自分の望むことをさせるのは、どう考えてもわがままで身勝手な行為です。ヤキモチを焼く女性はかわいいものですが、独占欲が強すぎる女性は自分しか見ていないとも言えます。さらに悪いことに、このタイプの女性は言葉で納得させようとしても自分の理屈を押し付けてくるので、理解し合える可能性が低いところがあります。話し合いを重ねても全く相互理解が進まないようだったら、一緒に生活するのは諦めたほうがいいかもしれません。

夫婦はもちろん恋人同士でも、共に人生を歩む相手として片方だけの気持ちを押し付けられ続ける状態では決して長続きはしません。人生の多くの時間を無為に過ごさないためにも、身勝手でパートナーを傷つけるだけの束縛女とは、早めに相手の本性を見抜いて別れることを考えたほうがいいのではないでしょうか。

▼ おすすめ関連記事
嫉妬深い女性の心理とは?彼女や妻が嫉妬するのは実は浮気してるからかも

▼ おすすめ関連記事
彼女や妻がうわきもの女かも?浮気者な女性の特徴や心理とは

▼ おすすめ関連記事
妻の怪しい行動や言動で見抜く浮気のサイン!注意したい行動や様子はコレ

▼ おすすめ関連記事
既婚女性がよく使う浮気隠しの方法やテクニック!妻の不倫を見破るコツ

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.