1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫妻の浮気妻と間男の両方に慰謝料を請求!不倫を徹底的に制裁する方法

2017/05/18更新

妻と間男の両方に慰謝料を請求!不倫を徹底的に制裁する方法

妻と間男

不倫をされるという経験は、とても屈辱的で辛いものです。そんな思いを一方的にさせられるのはたまらないですよね。ルール違反には相応の罰を与えて、少しでも何かを取り戻したいと思うのは当然でしょう。裏切り者の妻と、その妻を奪った間男には絶対に慰謝料を払ってもらいましょう。ただ、慰謝料が認められるには確実な証拠が必要となります。せめてもの代償となる慰謝料請求がほとんど通らなかった、ということのないようにきちん対処しましょう。

不倫から離婚する場合の慰謝料請求

気づいたら妻が不倫をしていたという場合、夫としては激しく妻を問い詰めたい気持ちになります。信じて一緒に家庭を営み、共にずっと生活をしていこうと思っていた相手に裏切られたのですから当然です。しかし、その勢いのまま、何の調査もせずに離婚をしても、妻と不倫相手である間男に慰謝料を請求できるかどうかは微妙な所があります。間男が妻が既婚者であることを知らなかったと言えば、それが通ってしまうのです。

妻への慰謝料請求は前提条件が揃っていれば通りやすいのですが、不倫相手のことをあまり知らない状態だと、不透明な部分が多く、妻と付き合った経緯などを知らなければ上手く逃げられてしまう場合もあります。慰謝料請求にはいくつかの前提条件が必須であり、それを知らないで激情のまま話を進めてしまうと、納得できない結果になることも多いのです。そこでそんな悔しい思いをしなくて済むように、事前に知識を備えておきましょう。

相手に慰謝料が請求できない場合

妻が不倫をしていたとしても、相手に慰謝料を請求できない場合があります。そんな馬鹿な!と思うかもしれませんが、実際にそういう例があるのです。それは不倫相手に過失がないと判断された場合です。また、相手に支払い能力がない場合にも、あまり過剰な請求は通りません。さらに注意しなければならないのは、不倫が発覚してからの年数によっては時効になってしまうこともあるということです。

相手に支払い能力がない場合は仕方ないにしろ、過失がないとの判断はどういうふうにされるのかというと、相手が妻を既婚者と知らなかった、浮気を誘ったのは妻から、実際に不貞行為に至った回数が少ない。もしくは実は性的な関係まで行ってなかったというような場合です。時効についてですが、妻の不倫を全て知っていて3年以上放置していたとなると、慰謝料請求の権利を失ってしまいます。時効に対する考え方は単純ではないので、実際にはもらえる分があることもありますが、本来の慰謝料からはかなり減額されると考えていいでしょう。

慰謝料請求の相場は?

それでは具体的な慰謝料の相場はどのくらいなのでしょうか?慰謝料についてははっきりとした金額の決まりはないのですが、通例として100万円から300万円の間となるのが多いようです。この慰謝料の請求は問題となった不倫関係に対して1回きりの請求となります。そのため、事前に自分たちで話し合いをして示談金を受け取ってしまうと、その後追加請求はできません。示談金が本来の慰謝料よりも少ないからと言って、さらに増額はできないのです。このことはしっかり覚えておきましょう。

これは逆もまた同じで、示談金を本来の慰謝料として予想される金額よりも多く請求して、相手が納得してそれを支払った場合は、なかったことにすることはできません。そのため、慰謝料が低くなりそうな場合には弁護士などをつけずに事前に示談金としてもらうのも1つの方法です。

また、慰謝料について大切なこととして、この請求は妻と不倫相手、それぞれ個別に行っても、1回としてカウントされるので、妻から慰謝料を取って、さらに不倫相手からも取るということはできません。慰謝料を請求する場合は、2人分として考えて請求しましょう。

慰謝料の減額増額の判断は?

慰謝料の金額はいろいろな条件で増減します。一番わかりやすい減額理由は離婚をするかしないかでしょう。離婚をせずに慰謝料だけ請求する場合は離婚する場合よりも慰謝料の金額は低くなりがちです。家庭が完全に崩壊しなかったことと、妻は夫と財産を共有するので、不倫相手にのみ慰謝料を請求することになるという理由も加味されているのだと思われます。

さらに、結婚してどのくらい夫婦として暮らしたかも影響します。はっきりとした基準はありませんが、結婚歴が長いほど慰謝料は上がります。また、不倫が発覚するまで夫婦仲が円満であれば、それも慰謝料が上がる要素です。逆に言えば、元から夫婦仲が最悪の状態だった場合は、ほとんど慰謝料を取れないと考えていいでしょう。

また先にも書きましたが、不倫をより積極的に行ったのが妻であるとされると、この場合も慰謝料はかなり減ってしまいます。子どものいるいないも大きな増減の要素です。慰謝料は子どもがいるほうが高くなります。そして不倫状態がどのくらい長く続いていたのかも増減の基準となります。もちろん長いほうが慰謝料は上がります。不倫をしていた本人達の姿勢も大事です。妻と不倫相手が深く反省して謝った場合は、やや減額されることが多いのです。

全体的に生活の破壊度と浮気をされた側の心の傷つき具合が問題となります。つまり、不倫をした妻と不倫相手からできるだけ慰謝料を取りたい場合には、彼らがどれくらいはっきりと裏切り行為を行っていたのかを詳しく調べる必要があるのです。曖昧なままだと証拠不十分で妥当な判断をされてしまうので、不倫に気付いたらできるだけ迅速に、はっきりとした証拠を揃える必要があります。個人で証拠を揃えるのは難しいですが、プロの探偵などを利用すると証拠をきちんと集めてくれます。

▼ おすすめ関連記事
浮気を絶対に後悔させる仕返し方法!合法的な倍返しで徹底的に相手に復讐

▼ おすすめ関連記事
別居中の不貞行為は慰謝料請求できる?夫や妻が別居中に浮気していた場合

▼ おすすめ関連記事
妻が風俗店で働いていた!離婚するなら不貞行為として妻に慰謝料請求できる?

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.