1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫あなたの夫や妻もダブル不倫に要注意?既婚者同士の恋愛事情をチェック

2017/05/18更新

あなたの夫や妻もダブル不倫に要注意?既婚者同士の恋愛事情をチェック

ダブル不倫

既婚者同士が恋愛関係になることを、ダブル不倫といいます。お互いが不倫の状態であるために「ダブル」とつくのです。昨今よく耳にするようになった「ダブル不倫」ですが、これはよくあることなのでしょうか。もしもあなたの夫や妻がダブル不倫をしていたら、あなたはどうしますか。

ダブル不倫ってよくあること?

ダブル不倫とは、前述のとおり、どちらも配偶者がいる状態ではじまる不倫のことです。不倫がそんなに珍しいことではない今、ダブル不倫をする人もかなりいるようで、その数は普通の不倫よりも多いかもしれません。不倫が関係しているテレビドラマを見ても、割と既婚者同士のダブル不倫が多いとは思いませんか?このこと自体が、実際にダブル不倫が少なくないということを表しています。

ダブル不倫だと、どちらかが独身者である場合と違い、お互い他に家庭があるということを合意の上ではじまるため、不公平感がない部分が、どちらかが独身である時に比べると、気軽なのではないでしょうか。どちらにも帰る場所があるため、途中で結婚を迫られたり、配偶者に不倫をバラされたりというリスクも、独身者との不倫よりもかなり低いでしょう。そのため、既婚者の人でも、外で恋愛をしたいという場合、同じく既婚者をターゲットにすることも多いようです。

また、結婚をしたい独身者はよく「出会いがない」だとか「周りが既婚者ばかり」だとかいうことを言います。確かに、ある一定の年齢になると、周囲は既婚者ばかりになってしまうのですが、既婚者同士の不倫を望む場合、周りが既婚者ばかりだという状況はうってつけですよね。全員が不倫をしたいというわけではありませんが、その中に不倫願望があるという人もいるはずです。

なぜ既婚者同士で恋愛=ダブル不倫をするのか

上記のとおり、ダブル不倫はお互い別に帰る場所があります。そのため、火遊び感覚でも気軽にできるという利点があります。ちょっと家庭外で恋愛を楽しみたいというとき、ダブル不倫なら、泥沼化しづらいと思うのが、一般的な感覚ではないでしょうか。なぜなら、お互いバレては困るため、お互いの家庭に踏み込むようなことはしません。また、離婚を迫られるようなこともないと考えるでしょう。

元々お互いに家庭があるため、夢中にはなりにくいというのも、不倫がしたい人にとっては利点です。あくまでダブル不倫は浮気であって、本命ではないというのが、多くの経験者の意見。家庭内では、夫・父であり妻・母であっても、ダブル不倫中の相手とのデートは、ただの男と女でいられるという、最高の現実逃避なのです。

結婚して時間が経つと、どうしても配偶者とは家族になってしまって、恋愛初期のドキドキは感じなくなってきます。これは自然なことではあるのですが、なんだか物足りない・・・と思う人も、独身者との不倫はリスキーですが、既婚者との不倫は安全にときめきを感じられる場所なようです。そういった安易な考えでダブル不倫に走るという人が少なくないのが現実です。

また、ダブル不倫は結婚とは違って純愛なのだと主張する人もいます。これは、結婚は好きなだけではできず、その他の周りの状況や金銭的なことも考えなければならない一方で、不倫はただ好きで一緒にいたいからする・・・という考え方のようです。本当に相手のことが好きだから結婚した人にとっては、理解ができない考え方かもしれませんが、ダブル不倫を純愛だと思っている人にとっては、結婚よりも打算がなく、愛情だけで繋がっている不倫こそ、真の愛なのだとか・・・。このタイプの場合、かなりダブル不倫の恋愛に気持ちが盛り上がっていることが多く、いろいろなことが見えなくなってしまうので、案外不倫がバレやすかったりします。

ダブル不倫は泥沼化しやすい

そもそも不倫が理解できない人にとっては、ダブル不倫を好んでしている人たちの主張は、呆れてしまうものがあるのではないでしょうか。不倫だとしても、一応本人たちは恋愛をしているわけですが、恋愛中はなかなか物事を冷静に考えられないものなのかもしれません。

ダブル不倫をしている多くの人は、ダブル不倫は、お互いが結婚することはないことを前提としているため、泥沼化しにくいと思っています。ですが、実はダブル不倫は、通常の不倫よりも泥沼化しやすいかもしれません。少なくとも、不倫が発覚したときは、通常の不倫よりもトラブルの規模が大きくなりがちです。特に、お互いに子供がいたりする場合には、もっとひどいことになるでしょう。

これは何故かというと、単純に関わる人間の数が増えるからです。ダブル不倫なので、お互いの配偶者にバレれば、お互いの配偶者から慰謝料請求があったりします。さらにお互いの両親、義理の両親まで出てくることもあります。子供がいれば、子供の養育費、親権などについても争わなければなりませんが、お互い子供がいれば、こちらもダブルで対処する必要が出てきます。

そういうわけで、お互いが家庭を持っている不倫というのは、バレたときに大きなトラブルになりやすく、また慰謝料も双方から請求されることになるため、支払う額も多くなります。そして、どちらの家庭も配偶者から離婚をつきつけられ、家庭を失うことになる場合も多く、この離婚騒動でダブル不倫をしていた本人たちも揉めて、別れたりして、結局お互い一人ぼっちになるなんていう展開も少なくありません。

冷静に考えてみればわかることなのですが、ダブル不倫をしているときは、お互いバレないと思っているのでしょうか。どちらかの家庭にバレてしまえば、相手の家庭にもバレるのは時間の問題ですし、バレるリスクが2家庭分あると思えば、逆に独身者との不倫よりもダブル不倫の方がバレやすいかもしれません。

あなたの配偶者が既婚者と不倫をしている場合は・・・

ダブル不倫をしている人たちが、ダブル不倫は泥沼化しにくいと思っている一方で、実際は泥沼化しやすいというのが現実です。また、そういった考えをもつ既婚者がおおいために、既婚者の浮気はダブル不倫が多いため、あなたの配偶者が不倫をしているようすがある場合、相手も既婚者である可能性を頭にいれておきましょう。

配偶者が不倫をしている気がする場合、不倫について本人に問い詰めるようなことはせず、まずは様子を探ってみましょう。突然の外出が増えていたり、外出の理由をはぐらかしたり、連絡が取れない時間があったりという基本的なことで十分です。また、夫婦仲が良いわけではないのに、やたら機嫌が良かったり、見た目が派手になったという場合も要注意。不倫をする人たちの行動パターンというのは、案外ワンパターンなので、ちゃんと観察していれば気づけるはずです。子供がいる家庭の場合は、妻の行動から不倫を発見しやすいです。子供の世話がおろそかになったり、子供をどこかに預けたり、子供だけで留守番をさせたりということが増えてくるからです。

しばらく様子を観察して、そういった不倫の兆候がいくつかみられるようであれば、しっかりとした証拠を掴む段階になります。そこは、自分でやっても、探偵の人に相談してもいいのですが、とにかく離婚協議になったときに自分に有利に事を進められるよう、どう考えても疑いようのない証拠が必要です。たとえ離婚をする気がなかったとしても、ダブル不倫の場合、相手側に慰謝料請求ができます。もちろん相手側の配偶者に慰謝料請求をされるというリスクもありますが、それはあなたではなく、あなたの配偶者に支払う義務があるので、恐れなくてもいいでしょう。

どちらにしろ、ダブル不倫が発覚するときというのは、お互いの両親・義理の両親だけではなく、不倫相手が同僚だったりなんかする場合は、会社まで含めて揉めたりします。そのため、どういう場合でも対処できるように、証拠を集めたあとは事前に弁護士の方と相談をしておくといいでしょう。

▼ おすすめ関連記事
既婚者合コンの実態は?男女の不倫のきっかけになる既婚者同士のコンパ

▼ おすすめ関連記事
プラトニック不倫ってどんなもの?肉体関係がない恋愛も浮気として訴えられる?

▼ おすすめ関連記事
嫁だけEDが離婚に繋がる?立たない夫・欲求不満の妻はそれぞれ別の相手と不倫?

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.