1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気旦那の浮気相手が自分よりブスでショック!美人よりマシだと安心するのはNG?

2017/05/18更新

旦那の浮気相手が自分よりブスでショック!美人よりマシだと安心するのはNG?

旦那の浮気相手が自分よりブスでショック!美人よりマシだと安心するのはNG?

夫の浮気相手が自分よりもブスだったら、あなたはどう思いますか?「美人と浮気されるよりマシ」だと思う人と「私よりブスを選ぶなんて」とショックに思う人がいるのではないでしょうか。浮気相手が自分よりブスな場合と、自分より美人な場合では、実はブスとの浮気の方が問題は深刻なんです。「美人と浮気されるよりマシ」なんて思っている人は、考えを改めた方が良いかもしれません。

浮気相手がブス=夫は追いつめられている?

夫だって、浮気をするのであれば、できるだけ美人な女性としたいはずですよね。しかし、浮気相手を選ぶ際に「美人」という条件を加えてしまうと、そう簡単に相手を見つけることができません。言い方は悪いですが、浮気相手を選り好みしなければ、それだけ相手を見つけやすくなります。「少しでも早くストレスを解消したい」と思うからこそ、時間をかけて美人を選ぶのではなく、妻より劣っていても手近に浮気ができるブスを選ぶのです。

とは言っても、あえてブスを選んでいるわけではなくて、「外見にこだわるほどの余裕がない」だけなのです。夫の浮気相手がブスだった場合、夫はそれだけストレスや性欲が溜まり、追い詰められているということかもしれません。家庭に居場所を見つけられず、寂しい思いをしているのかもしれません。

男が浮気相手にブスを選ぶ理由

一時的な相手だからこそ顔にこだわらない

男性は結婚相手に癒しを求めます。一緒にいて心が安らぐことはもちろん、見ているだけでもホッとできることも重視するため、見た目もできるだけ好みに近い女性を自然と選ぶのです。一方、浮気は基本的に、ストレスや性欲の一時的なはけ口として始まることが多いですよね。少しでもストレスや性欲が解消できることを最優先とします。極端な言い方をすれば、自分の目的さえ達成できれば満足なので、浮気相手の外見なんてそれほど気にしていません。一時的な浮気相手にはそこまで深い条件を求めていないのです。

ブスは癒し上手が多い

「ブスに癒されるわけがない」なんて思っていませんか?実はブスには癒し上手な女性が多いんですよ。美人でチヤホヤされてきた人よりも思いやりが深く、悩みやグチを延々と聞いてくれます。人との距離の取り方が上手な人が多いため、踏み込まれたくないパーソナルスペースを守ってくれます。男性からすると「何の文句も言わずに自分をまるごと受け入れてくれる」という安心感が生まれます。ブスには、男性が落ち着くことができる空間を作る能力があるのです。

ブスだからこそセックスが上手なことも

ブスだと自覚している女性は、きれいになるために努力をします。男性から好かれるためにも努力をします。そのストイックな部分がセックスに関しても発揮されるのです。好きな男性に気持ちよくなってもらうために知識を増やし、あの手この手で男性を骨抜きにします。男性はセックスになると相手の顔がブスでも関係ありません。自分が気持ちよくなることが重要なので、セックスが上手だと相手がブスでも離れられなくなってしまうことがあります。

ブスを選んで予防線

妻に内緒で浮気をしているのですから、少し頭が働く男性であれば、妻にバレた時のことも考えます。浮気相手がブスだった場合、妻には「こんなにブスな浮気相手に本気になるわけない」と言い逃れをしやすいですよね。美人な女性の浮気が発覚した場合よりも、夫婦間の溝が浅く済む可能性があるのです。

ブスとの浮気は危険性大

夫の浮気相手が妻よりも美人だった場合、その外見に惹かれて浮気をした可能性があります。外見に惹かれて浮気をしても一時的なものであることが多く、別れさせるのもそう難しいことではありません。しかし、浮気相手がブスだった場合は、その女性の内面に惹かれているということになります。夫が浮気相手に精神的な癒しを求めているということであり、浮気相手があなたの夫を癒しているということになります。

一時的な浮気のつもりで選んだ浮気相手がブスだったとしても、夫が浮気相手と一緒に過ごすことで精神的な癒しを得ているのであれば、夫の気持ちが浮気相手に移ってしまう可能性があります。もしかしたら、夫の気持ちを取り戻すことができないかもしれません。離婚になる可能性も大きいと言えるでしょう。「夫の浮気相手が美人じゃなくてよかった」なんて安心するのはとても危険ですよ。むしろ、美人との浮気よりも大変な問題かもしれません。

ブスとの浮気に旦那の本音が隠れている

夫の浮気相手が自分よりブスだったとき、「なんでこんな人と」とショックを受けるかもしれません。それと同時に「美人じゃなくてよかった」と思う人も多いのではないでしょうか。

一般的に夫が浮気をするのは、家庭や妻に何かしら不満を持っているときです。その不満を浮気相手に解消してもらっている状態になります。その不満こそが、夫が本来妻に求めているものだったり、家庭に求めているものだったりするのです。夫の浮気相手は、あなたに足りなかった「何か」を持っていたということです。夫の浮気が発覚したら、夫を責め立てたり慰謝料の請求をしたいかもしれません。しかし、夫が浮気相手に何を求めていたかを探り出し、自分を見つめなおす材料にしてみるのも一つの方法です。

あなたは美人妻ですか?

いくら美人顔でも努力を怠れば同居人

夫の前で化粧もせず、だらしない格好で過ごしたりしていませんか?昔と比べて体のラインや美容に対して気を遣わなくなったり、恥じらいがなくなったりすると、夫も妻に対して「女性」を感じなくなってしまいます。男性の性の対象は「女性」です。妻であっても「女性」でなくなってしまえば、ただの同居人と変わりません。夫は外に「女性」を求め、浮気をすることになってしまいます。妻は何年経っても、「女性」であることを忘れてはいけません。妻という立場に胡坐をかいてしまわないよう、日頃から気を付ける必要があります。

夫を大切に

どんなに美人な妻であっても、感謝や愛情を与えることができない妻は夫にとって、ブスな浮気相手以下です。「美人だけど優しくない女性」と「ブスだけど癒される優しい女性」、どちらと過ごした方が精神的に癒されますか?答えは簡単ですよね。

日頃から感謝の言葉を口にしない、夫の帰宅を待たずにさっさと寝てしまう、なんていう態度は絶対にNGです。夫に対し雑な態度を取り続けていると、夫は家庭内に居場所を見つけることができません。自分の居場所を確保するために浮気に走る可能性があります。家庭内に居場所がなくて浮気をした場合、浮気相手には癒しを求めてしまいます。癒しを求めた浮気は、性欲からの浮気よりも関係が深くなることが多ため、最終的には離婚問題にまで発展する可能性があります。

最後に

夫の浮気が発覚し、相手がブスだったからと安心するのは危険です。夫が「ブスだから本気じゃない」なんて言い訳をしても信じてはいけません。好みのタイプとは違う女性と浮気をしたということは、外見だけで選んでいないということです。内面に惹かれており、ただ単純に「身体だけの関係」ではないのです。ブスな浮気相手に気持ちも移っている可能性があります。美人との浮気よりも質が悪く、離婚に発展してしまうこともありますので、「美人との浮気よりマシ」、「相手がブスだから本気になるはずがない」なんていう考えは持たないようにしましょう。

▼ おすすめ関連記事
ただの体目的だけじゃない夫の不倫!遊びの浮気が本気の恋にならないために

▼ おすすめ関連記事
B専男も浮気する?ストライクゾーンの広いブス専は浮気相手も選びやすい

▼ おすすめ関連記事
浮気を絶対に後悔させる仕返し方法!合法的な倍返しで徹底的に相手に復讐

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.