1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気キャバクラ好きの夫の浮気に慰謝料請求!キャバ嬢とラブホに入る証拠を掴む

2017/05/18更新

キャバクラ好きの夫の浮気に慰謝料請求!キャバ嬢とラブホに入る証拠を掴む

キャバクラ好きの夫の浮気に慰謝料請求!キャバ嬢とラブホに入る証拠を掴む

キレイに着飾った女性が、男性を心からもてなす場・・・それがキャバクラです。女性に気持ちよく接待されるのが好きだから、とキャバクラ通いをする男性もいれば、仕事上の付き合いで利用している方もいることでしょう。家庭があっても、キャバクラが好きだからと通うのは自由です。ですが、キャバ嬢に対して客以上の感情を持ってしまうとどうなるのでしょうか。妻として、夫とキャバ嬢の浮気の証拠を掴む方法や、夫の浮気が確定した後の慰謝料請求などについてまとめました。

「浮気」という考え方の違い

まず初めに知っておきたいのが、「浮気」というのがどういった行為を指すのか、という点です。妻としては「旦那が女性と2人で食事に行ったら浮気でしょ」と思うかもしれませんが、それでは「浮気」にはなりません。一体、どういうことでしょうか。

一般的な「浮気」の定義は?

お付き合い中のカップルや、結婚後に夫婦として生活している中で「パートナーが浮気した」と感じる行動はいろいろあると思います。人によっては「異性と手をつなぐ」だけでも浮気と考える人、キスしたら浮気だと思う人、肉体関係があっても1度なら「浮気じゃない」と感じる人・・・女性が数人集まって「相手の浮気をどこまで許せるか」という話をすると、出てくる境界線は本当に人それぞれです。

自分の感覚でパートナーの浮気を決めるのは簡単ですが、いざ相手を訴えようとすると「それは浮気ではありません」と言われることがあります。それは、法律上で「浮気」とされる線引きがあるからです。いくら自分が「相手が浮気した」と言っても、法律上の「浮気」が認められなければ、相手から慰謝料などを取ることはできません。法律で「浮気」が認められるのがどのような状況なのかをみてみましょう。

▼ おすすめ関連記事
どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

法律上の「不貞行為」とは?

裁判などで離婚協議を行う際、争点になることもある「浮気」。双方の意見が食い違うことが多い裁判では、「浮気=不貞行為」の定義が決まっています。法律上、浮気・不倫と認定されるには「既婚者が配偶者以外の異性と、継続的な肉体関係を持つこと」が条件とされています。

平たく言えば、配偶者以外の異性とセックスしたかどうかということですが・・・「継続的に」という言葉が入っているため、「一度きりの関係」を持った相手を「浮気した」と訴えることは難しいようです。妻の立場としては、一度でも自分以外の相手とセックスしたなら浮気でしょう!と怒りたくなりますが・・・残念ながら、現在の法律では1度のセックスでは浮気とは認められないのです。

キャバクラ好きの夫から慰謝料を取るには?

キャバクラに通い続ける夫に愛想を尽かし、離婚したい!と思っても、夫側が明確に「浮気をした」という証拠があったり、生活に困るほどキャバクラにお金を使っている、という状況でなければ慰謝料を取ることは難しいようです。キャバクラ好きの夫から慰謝料を取る具体的な方法を紹介します。

浮気の証拠がなく、お金だけが家庭から使われている場合

夫のキャバクラ通いがひどく、生活費までもつぎ込んでいるような場合には夫から慰謝料を取って離婚できる可能性があります。この場合、夫がどれくらいの頻度でキャバクラに通って、どれくらいの金額を使っているのか、生活にどれほどの影響が出ているのかを示す必要があるでしょう。

子どもがいる場合には、妻が親権を取ることができれば子供が成人するまでの養育費も夫に請求することができます。ですが、実際にきちんと慰謝料や養育費が満額支払われるケースは少ないようです。

夫がキャバ嬢と浮気をしている場合

夫がキャバ嬢と個人的に付き合っており、肉体関係までもった「浮気」をしている場合には、夫だけではなく相手のキャバ嬢からも慰謝料をもらえる可能性があります。ただし、この場合にはいくつかの条件を満たしていることが必要となります。

夫とキャバ嬢の浮気の決定的な証拠があること(写真やメールなど)

夫とキャバ嬢が仕事上だけの付き合いではなく、個人的に連絡を取り肉体関係を持っていたことを証明できる証拠が必要です。2人の関係が分かるメールでもいいのですが、証拠としては弱いものとなります。(2人が無関係を主張した際に不利になりがちです)2人がラブホテルなどに出入りする写真などを証拠として入手しておくのが確実でオススメです。

キャバ嬢が夫が既婚者であることを知っていた上で、夫と関係を持っていたこと

キャバ嬢が夫が独身だと思って付き合っていた(夫がキャバ嬢に嘘をついていた)場合には、キャバ嬢からの慰謝料が取れない場合があります。それは、キャバ嬢自身に「不倫をしている」という自覚がなく、「このまま付き合えば彼と結婚できるかも」と思っていたかもしれないからです。客とキャバ嬢という関係から、恋人同士になったと思って付き合っていた場合には、キャバ嬢の不倫が認められる可能性が減ってきます。

夫とキャバ嬢の浮気の証拠を確実に入手する方法

夫・キャバ嬢の両方から確実に慰謝料をもらうためには、2人の肉体関係が複数回あったということを証明する必要があります。そのためにはラブホテルなどに2人が出入りしている写真を入手できていると安心です。そのような写真はどうやって入手すればいいのでしょうか。

自力で張り込みをして証拠を手に入れる

夫の浮気現場を押さえるためには、夫の行動を把握して現場の写真を抑えるのがベストです。そのために役立つのが妻としての知識です。ですが、一般的にラブホテルを利用するのは夜間であり、シロウトが張り込みをして暗い中で相手の顔が分かるような写真を撮ることが現実的には難しいでしょう。もしフラッシュでもたいてしまったら、相手に気づかれることはもちろん、それが妻であるとばれる確率は高くなります。

繁華街やイベントなどの人手が多い場所でも、知り合いに会うとお互いに分かるものです。それが人気の少ないホテル街などになると余計にばれやすくなります。一度妻の尾行がばれてしまえば、夫もそれ以降の行動は慎重になるでしょうから、浮気の証拠を掴むことはさらに難しくなってしまいます。自分で証拠を掴みたいという気持ちも分かりますが、ここはプロに任せるのがオススメです。

▼ おすすめ関連記事
浮気の証拠になるの?シティホテルやビジネスホテルに不倫相手と入っていく写真

プロに任せて証拠を手に入れる

興信所や探偵などに依頼すると、夫の浮気調査・証拠集めをしてくれます。まるでドラマの中のような話ですが、実際にプロに任せて浮気の証拠を握る妻は少なくありません。プロであれば夫に顔が知られていることもありませんので、かなり近づいても尾行がばれにくいという利点があります。また、カメラなどの機材もプロ仕様のため、暗がりなどでも人物の顔が分かるような写真を撮ることができます。

夫がキャバ嬢とホテルに入る瞬間の写真さえ入手してもらえれば、決定的な浮気・不倫の証拠となりますので、できればプロにお任せして強力な証拠を手に入れましょう。プロに依頼すると費用が高くつくのでは?と心配される方もいるでしょう。興信所や探偵は証拠を手に入れるまでの調査時間や日数で料金が決まります。妻として「この日は浮気相手に会いに行きそうだ」と思う日に依頼することで、料金は抑えることが可能になります。

夫から慰謝料をもらう際に、浮気の調査費用を請求しても認められることは少ないようですので、プロに調査を依頼しても費用はなるべく抑えられるようにしておくのがポイントです。

▼ おすすめ関連記事
旦那のキャバ通いを許す?許さない?夫にキャバクラ通いをやめさせるには

▼ おすすめ関連記事
旦那の風俗通いは立派な浮気!許す?許さない?やめさせたい時の対処法

▼ おすすめ関連記事
浮気を絶対に後悔させる仕返し方法!合法的な倍返しで徹底的に相手に復讐

▼ おすすめ関連記事
ラブホテルでの浮気現場を目撃したときの対処法!夫が女と・妻が男とラブホにいたら

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.