1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫旦那のEDの原因は浮気かも?妻の不倫にもつながる可能性に要注意

2017/05/18更新

旦那のEDの原因は浮気かも?妻の不倫にもつながる可能性に要注意

旦那のEDの原因は浮気かも?妻の不倫にもつながる可能性に要注意

EDという言葉を耳にしたことがありますか?「勃起不全」と呼ばれる、病気の一つです。夫婦でいい雰囲気になって、前戯までは何ともないのにいざ挿入となるとできない・・・という状況になってしまうのがEDです。心当たりのある男性は意外と多いのではないでしょうか。少し前まではある程度の年齢の方がなる病気とされていましたが、最近はEDになる年齢も低下しており、20代・30代でも発症する方が増えています。

EDになってしまう原因は何なのでしょうか?単なる気分の問題?あるいはそれ以外にもあるのでしょうか?また、EDを放っておくと夫婦関係がギクシャクしてしまうだけでなく、妻が不倫に走ってしまう可能性もあるということが分かりました。夫の問題と思われがちなEDがなぜ妻の不倫に関係してくるのでしょうか。そのあたりを詳しく説明していきたいと思います。

夫のEDの原因は何?

男性がEDになるにはいくつかの原因があります。順番にみていきましょう。

体が疲れている

仕事で疲れていたり、体調が悪く体力が落ちている時には、いくらムードが良くても勃たないことがあります。

悩み事がある

仕事や家庭のことなどで悩み事があると、セックスの最中にも思い出してしまうことがあります。そうなると、もう先へは進めなくなってしまいますので無理はしないようにしましょう。

不安がある

悩み事と同じように、心の中に不安に思っていることを抱えていると勃たなくなってしまいます。

プレッシャーがある

「子どもが欲しい」や「排卵日に合わせてセックスしなければ」というプレッシャーがあり、緊張してしまうと勃たなくなってしまいます。また、何度か途中でダメになってしまった経験があると「今日こそは!」と意気込んでしまい、プレッシャーになることもあります。

セックスに義務感を感じている

女性からのアピールが強く「セックスしなければ」と思っていたりすると勃ちにくくなってしまいます。何とかセックスができたとしても、男性にとってはあまり気持ちいい経験にはなりません。心の盛り上がりが大切になるため、あまり女性側から求めすぎて嫌々応じるようなセックスはおすすめできません。

パートナーに慣れてしまった

男性は「自分好みの人」「きれいな人」「セクシーな人」にムラムラした感情を持ちます。妻と長年一緒にいて慣れてしまったことで、妻にセクシーさなどを感じなくなってしまうとEDになってしまうことがあります。

満足できる相手が他にいる

妻以外にセックスできる相手がいて、外で満足していると家庭内ではセックスしなくなることがあります。体力的に疲れてしまうこともありますので、妻に求められても拒否することもあるでしょう。ただ、妻が魅力的だと感じている場合には、浮気相手がいても家庭内のセックスには影響が出ない場合もあります。「ED=浮気」とすぐに考えてしまうのは安直かもしれません。

加齢による衰え

男性は中高生時代にとても性欲が強く、30代・40代となっていくと性欲が薄くなると言われています。そのため、勃ちにくくなります。対して女性は30代・40代になると性欲が強くなるといわれますから、そのギャップに耐え難く感じることが多いようです。

飲酒

お酒を飲んでいると勃たなくなる人が多くいます。今日は旦那とセックスしたいと思ったら、お酒は控えてもらうようにしましょう。

睡眠不足

睡眠不足が続くと、勃たなくなります。仕事が忙しい、心配なことがあって眠れない、というものはもちろん、ゲームのし過ぎで睡眠時間が減っているという場合も気をつける必要があります。

栄養不足

極端な偏食をしている場合や、食事制限が厳しいダイエットなどに取り組んでいる場合は、栄養不足が原因でEDになることがあります。

運動不足

男性が勃起するためには血液の流れがきちんと行われていなければなりません。運動不足で血行が悪くなっていると勃たないことがあります。

タバコ

喫煙していると血液の流れが悪くなります。ヘビースモーカーでED気味の旦那の場合には、タバコの本数を減らすようにしてもらいましょう。

一人エッチで満足している

セックスの際に勃たないことの原因で一番多いとされているのが、一人エッチです。自分で処理することで性的に満足してしまうと、妻とのセックスの必要性が感じられなくなってしまいます。

AVを見すぎている

AVばかり見ていると、セックスに対する理想が高くなってしまいます。また画面の中の美化されたセックスに満足してしまい、目の前の妻とのセックスに興味を持てなくなってしまいます。

病気としてEDになっている

これまでに挙げた肉体的・精神的なEDとは別に、病気としてEDを発症していることがあります。一人エッチの時も勃たなかったり、そもそも一人エッチすらしたことがない、勃起した経験がないという場合には、病気としてのEDが原因になっていることがあります。この場合は病気ですので、病院へ行くことをオススメします。

旦那のEDが妻の不倫につながる?!

妻とのセックスで勃ちにくい、最後まではいけるものの以前とは違うという感覚を黙ってしまっていませんか?自分がEDかもしれないということを妻に相談しておかないと、妻が不倫に走ってしまう可能性が高くなるということが分かっています。EDを隠していることと、妻の不倫・・・一体どのような関係があるのでしょうか。

セックスレスが女性を不安にさせる

夫が自分がEDであることを隠したまま、セックスを避けるようになりセックスレスの生活が続くと、妻は「自分に魅力がないから?」「夫に飽きられた?」などといろいろな想像をしてしまいます。中には「夫が浮気をしているのでは?」と思うこともあります。セックスレスのまま夫婦として残りの人生を過ごすことを考えた時、妻の頭の中には「これから先、夫に抱かれることはないかもしれない」という考えが浮かびます。

そして、夫に抱かれないのなら他の男性に抱かれたい・・・という思いへと発展してしまうことがあります。これは、女性が男性に抱かれることで「自分が必要とされている」と思ってしまうからです。セックスレスの生活が「夫には必要とされていない」と感じてしまい、不安になると夫以外でも自分を抱いてくれる男性を求めることがあるのです。

妻が不倫に走るのを防ぐには?

妻がセックスレスから不倫に走ってしまうのは、夫がEDであることを隠してしまうことが多いからです。自分がEDである、あるいはEDかもしれないということは正直に妻に話をするようにしましょう。その上で、二人で話し合いの場を持ちEDが改善するような生活をするのか、通院をするのかなどを決めましょう。妻に対して「愛情がなくなったわけではない」という意思表示をするだけで、妻は不倫に走りにくくなります。

また病気としてEDを発症している場合には、専門の治療薬を服用することで改善しやすくなりますし、精神的・肉体的なものが原因のEDの場合は精力剤を利用するだけでも改善することがあります。セックスレスになってしまった夫婦生活を元に戻し、ギクシャクしてしまった夫婦仲も円満になるようにしましょう。

セックスレスは妻を不倫に走らせる可能性だけでなく、離婚の原因にもなっていることが分かっています。恥ずかしがらずに、妻に正直に打ち明けて共にEDを改善できるようにしていきましょう。妻にEDであることを黙っていても、いいことは一つもありません。

▼ おすすめ関連記事
嫁だけEDが離婚に繋がる?立たない夫・欲求不満の妻はそれぞれ別の相手と不倫?

▼ おすすめ関連記事
セックスレスからの不倫は王道!夫も妻も性欲解消や寂しさから浮気に走る

▼ おすすめ関連記事
浮気されるのはセックスが下手なせい?欲求不満によるパートナーの不倫に注意

▼ おすすめ関連記事
セックスレスだから離婚したい!あなたの夫や妻は?レスは離婚の原因になる

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.