1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫キスフレは浮気じゃないと思う男女が増えてる?キスフレのありな範囲はどこまで?

2017/05/18更新

キスフレは浮気じゃないと思う男女が増えてる?キスフレのありな範囲はどこまで?

キスフレ

キスだけの友達、「キスフレ」がいるという人が、増えてきているようです。キスフレとは、キスフレンド、つまりキスだけの関係の友達のことで、それ以上の関係ではないというのが基本のようです。そのため、浮気ではないと考えて、パートナーがいる人でもキスフレもいるという人も少なくないとか。ここでは、キスフレとはどういうものなのか、本当に浮気にならないのかということを検証してみましょう。

「キスフレ」とは

キスフレとは、前述の通り、キスまでの関係の異性の友達のことです。ほとんどの場合、キスフレに対して特別な恋愛感情はなく、ゲームのような感覚になってしまっている場合もあるとか。キスフレの定義は、キスはするけどセックスはしないという友達のことなので、その関係がゲーム感覚のものだったり、ハグまで込みの、恋愛ごっこのようなものだったりと、内容は微妙にそれぞれで異なります。

中には、他の友達の前でも平気でキスしちゃったりすることもあるようです。これは、場の盛り上がりを重視しているのでしょう。テレビでよく、男性芸人同士や、男性と女性芸人という組み合わせで、キスをして場が盛り上がるというのがありますが、それを見すぎている所為で、慣れてしまってキスのハードルが低くなっているのかもしれません。

また、本気で付き合うと面倒だけど、ちょっとしたおつきあい気分を味わいたいというとき、キスまでだと割り切った関係は、罪悪感もなく、そこそこのときめきや気持ち良さもあって良いので、キスフレを作るということもあるようです。恋人を作ると面倒ですが、キスフレなら、自分の会いたい時に会えばよく、普段から常に連絡を取るというようなメンテナンスは必要ありません。

性欲がそこまでなくて、セックスは面倒だという人にとっても、キスだけなら手軽ですし、場所も時間も取らないというのも、キスフレの魅力だそうで、特に若い方々の間で、キスフレがいるというのが増えています。

「キスフレ」は本当にキスだけの関係なのか

ある調査によると、ほとんどのキスフレ持ちは、キスフレの相手と体の関係を持ったことがないようです。そもそも、キスだけなら、お互いの部屋に行ったり、ホテルに行くといった密室を作らなくても、可能なので、完全な2人きりにならなくてもいいというのも、キスフレだと体の関係になりにくい要因でしょう。ですが、実際のお互いの気持ちというのはどうなのでしょうか。

キスフレがいる人たちの、お互いへの気持ちというのは、本当にさまざまで、そして若干男女に差があります。たとえば、場を盛り上げるためにキスする相手がいるとう場合、お互いのことを本当になんとも思っていない場合が多いでしょう。人前でも平気でキスできるということは、相手のことを生理的に無理だとは思っていなくても、特別な気持ちがないことの表れでもあります。もしも、特別な感情があれば、人前ではちょっと無理ですよね。

また、恋愛ごっこを楽しんでいるようなタイプは、男女ともにいて、こういうタイプも、キスの先に進むと面倒だと思っているので、キスまででちゃんと終わっています。「付き合う」という重たいシリアスな関係は面倒だけど、ときめきは欲しいというのがこのタイプです。

男女差の話でいうと、男性はキスだけだと割り切っていて、それ以上をする気がないという人が多い一方で、体の関係になりたいけど、とりあえずキスだけなら女の子も抵抗があまりなくて、してくれるから・・・という理由でキスフレになっているという人も多いようです。付き合う気はないけど、割り切った関係のまま、あわよくば・・・ということですね。

一方女性は、付き合うまでの前段階のお試し期間だと捉えている人も多い傾向にあります。ちょっとしたデートをして、キスだけ交わして、相性がよければそのままつきあいたいということですね。彼氏は1人しか作れないものの、キスフレは複数人と同時進行ができるので、その中から一番良い男性を見極めたいと思っているようです。たとえ相手が本命の相手だったとしても、最初から体の関係を持ったら軽い女だと思われたり、飽きられたりするかもしれないから、まずはキスだけでじらす、なんて女性もいます。

キスフレに対する概念は、男女間で微妙に差があるようで、女性の方は本気になるかもしれない要素を含んでいる一方、男性にとっては最初から「キスフレ」なら、「キスフレ」でしかないようです。

「キスフレ」は浮気にならない?

キスフレがいる方々は、もちろんキスフレはキスだけだから浮気ではないと主張します。しかし、実際のところどうなのでしょうか。キスフレ経験者がかなり多いため、世間のキスフレに対する概念もあっさりしたものだと考えてしまいそうですが、キスフレ経験者のほうが、世の中では少数派です。つまり、キスは浮気だと考える人の方が多いということです。

どこからが浮気か?という質問への答えは、2人きりで会ったら、手を繋いだら、ハグをしたら、キスをしたら、体の関係を持ったら・・・という風に人によって答えが違うものですが、やはりキスをしたら浮気だという人と、体の関係を持ったら浮気だという人でしょう。キスまでならギリギリ許せるという人も多い一方で、キスフレのように、いつもキスをする仲というような関係性は許せないと思う人が多数派です。

そもそも、キスフレ経験者の女性の大半にとっては、キスフレとは彼氏候補のようなものなので、その概念で行くと、パートナーがいるのにキスフレもいるというのは、れっきとした浮気なんですね。パートナーがいるのに、別のパートナー候補がいるということになりますから。一方キスフレ経験者の男性については、キスフレとは割り切っている関係なので、「浮気ではない」と主張する人も多いでしょう。しかし、そういう人も、自分の彼女や妻にキスフレがいるのは、許せないと思うようです。

ほとんどのキスフレ経験者は、「付き合う」というのが面倒なときや、誰と付き合うか見定めたいとき、つまりは特定の相手がいないときにキスフレを作るようです。そして、特別な相手ができたときには、それまでのキスフレとの関係は断ちますし、場を盛り上げるためのキスも、異性とはするのに抵抗が出てくるようです。(同性とはするかもしれません。)ということは、キスフレ経験者にとっても、パートナーがいる上でのキスフレは浮気だと言えるでしょう。もし、割り切った関係だからと言い訳をしても、それはただの言い訳です。

ちなみに、欧米の一部の文化やラテン系の間では、キスへのハードルがとても低く、ほっぺへのキスなら、相手が同性であっても当たり前のようにします。また、酔っていると口にちゅっと触れるようなキスをすることも、異性の友人間でもあります。

口へのキスはその国々の人にとっても特別なものではありますが、ちゅっとした軽いものであれば、無礼講のようなところもあります。ただそんな文化圏であっても、酔っ払っていたりしない限り、友達と口へのキスはしません。そういう例を出してきて、「海外では友達とキスは当たり前・・・」と言い出すキスフレ持ちもいるかもしれませんが、ここは日本ですから、そんな言い訳に騙されないようにしましょう。

もしも自分のパートナーにキスフレがいたら

パートナーがいない方々にキスフレがいるというのは、個人の自由ですよね。ですが、恋人がいたり、結婚しているという場合、キスフレは浮気でしょう。もしも、自分のパートナーにキスフレがいたら、許せないと思う人が、男女ともに大多数だと考えられます。では、もしパートナーにキスフレがいたときには、どうするべきなのでしょうか。

前述のとおり、キスフレ経験者にとっても、実際のところはキスフレは浮気に入ります。ですから、自分のパートナーに浮気相手がいるのが発覚したとき、パートナーがそれはただのキスフレだと主張したとしても、それを許してはいけません。たとえ、恋愛感情がなくて、お互いに割り切った関係であったとしても、世間一般的な常識ではありえないことです。

また、キスフレだから浮気ではないと言って、キスフレをやめなかったとしたら、その後何が起こるのかはわかりません。キスだって、性的な行動の1部ですから、お酒が入っているときや、密室に2人きりのときにそういう行為をすれば、どちらかのスイッチが入ってしまって、体の関係にまで及ぶこともあるかもしれません。そうなったら、それは本当に浮気でしかないですよね。

そこまでの関係になってしまわないためにも、パートナーにキスフレがいることを見つけてしまったのであれば、即刻やめさせるべきですし、それを理由に別れを考えるのもありでしょう。浮気ではないと主張してくるかもしれませんが、そこは価値観の相違ということで、片付けられます。

既婚者のキスフレ・・・離婚や慰謝料請求は可能?

恋人同士の関係のときに、相手がキスフレがいることに気づいた場合は、キスフレをやめさせて付き合いを続けるか、別れるかのどちらか2択になりますし、どちらにしても問題が解決するのは早いですよね。ですが、これが既婚者の場合はまた話が変わってきます。

キスフレというのは、若い世代で流行している人との付き合い方の形です。しかし、結婚してまでキスフレがいるというタイプは、そもそも配偶者がいても、浮気や不倫をしたいと思っていたり、それに対する抵抗があまりないと考えられます。そこを「キスフレ」という言葉でごまかしているだけです。

「キスフレ」という便利な言葉ができてしまったがために、そんな大人が増えているというのは悲しい事実。また、若い世代のキスフレでは、シリアスな関係ではないから体の関係を持たないと思っているため、体の関係を持つようなことは少ないものの、既婚者にまでなると、慰謝料などの問題が怖いから、浮気したいけどキスフレまでで我慢している・・・というようなことになっていることも少なくありません。本当は体の関係を持ちたいと思っていることがとても多く、またキスフレの相手も、本人が既婚者持ちであることがわかって居てキスフレをしている=本気になる気はない・・・ということですから、割り切ったまま体の関係に突入しやすい状況でもあります。

もしも自分の配偶者にキスフレが居た場合、恋人同士のときと同様に、キスフレをやめさせて結婚生活を続けるのか、それとも離婚するのかという問題が出てきます。通常、相手の浮気が理由での離婚については、慰謝料がもらえるはずです。しかし、キスだけの関係の場合、法律的には不貞行為と認められないこともあり、離婚しにくかったり、できたとしても、慰謝料が少額になってしまうのです。

これは、キスだけでは不貞行為だとは認められない以上、性格の不一致などを理由に離婚するしかなくなるからです。そうなると、相手に非がそこまではないような扱いになり、慰謝料も少額になってしまうのですね。つまり、キスフレをやめない配偶者に離婚をつきつけるなら、逆に体の関係まで進んでもらった方が、自分が有利に離婚できるということです。そのため、配偶者の様子を見ながら、その一線を越えるまで待つというのもアリかもしれません。

結婚生活を継続するか、離婚するかに関わらず、キスフレがいるという証拠をしっかり握っておくと、今後の話し合いのときに役立ちます。ですから、配偶者にキスフレがいることが判明したり、誰かとデートをしているような影がある場合には、しっかりと証拠や配偶者の行動記録を残しておきましょう。

今後どのような選択をするにしろ、証拠と記録は大いに役立ちます。どのような証拠や記録があれば、法的にも有効なのかということがわからなければ、そういうことに詳しい専門家に頼ってみるのもいいでしょう。配偶者に浮気を問い詰めたときに「ただのキスフレ」だと言い張られたときにも、自分の力で調査をするより、プロの探偵の力を借りて調べてみると、キスフレは言い訳で、やっぱり体の関係があった、なんてこともあるはずです。そういったところをはっきりさせるためには、自分で調べるよりも、プロにお任せしたほうが、確かでしょう。

まとめ

若い世代の間で気軽に扱われている「キスフレ」ですが、彼らは、パートナーや配偶者がいる場合はそれは浮気だとわかっていますし、シリアスな関係の相手がいれば、キスフレは作りません。ですから、特に既婚者の人は、パートナーが浮気をしたときに「キスフレ」だと言い逃れをしようとしても、許さないようにしましょう。意外と、キスフレではなく、ちゃんと体の関係があったりするものです。

▼ おすすめ関連記事
恋人じゃないキスフレやソフレ、セフレって?彼氏彼女がいても○○フレンドを作る男女

▼ おすすめ関連記事
ソフレは許せる?添い寝フレンドの定義や意味!それって浮気に入らないの?

▼ おすすめ関連記事
どこまでなら許せる?浮気のボーダーラインと恋人の行動の許容範囲

▼ おすすめ関連記事
プラトニック不倫ってどんなもの?肉体関係がない恋愛も浮気として訴えられる?

© 2017 探偵BIO All Rights Reserved.