1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気旦那の風俗通いは立派な浮気!許す?許さない?やめさせたい時の対処法

2017/05/18更新

旦那の風俗通いは立派な浮気!許す?許さない?やめさせたい時の対処法

旦那の風俗通いは立派な浮気!許す?許さない?やめさせたい時の対処法

旦那さんが風俗にハマってしまったらどうしますか?風俗は男性にとっては心惹かれる場所です。ちょっとした出来心で利用してすっかりその魅力に取り憑かれてしまうこともあるでしょう。相手は商売とは言え女性にとっては浮気には違いありません。しかも風俗はかなりお金を使うので、どうやってお金をやりくりしているのかも心配ですね。風俗通いは許せる許せないはともかくとして、出来ればやめさせたいものです。

最初は興味本位で

男性にとって風俗は一度は行ってみたい場所です。なので最初はいわば興味本位で体験してみることがよくあります。また、付き合いや友達に勧められて利用することもあるでしょう。その体験があまりにも良かったので二度目、三度目と繰り返し、気付いたら常連に、となることが多いようです。

大方の風俗通い男性の最初の一歩はそんなところでしょう。まるでテーマパークのジェットコースターのような感覚で、男性は風俗を利用しています。呆れた話ですが、男性には浮気をしている自覚などありません。男性にとって風俗とは夢を見る場所であり、有料で女性に手放しで優しくしてもらえる場所なのです。日頃お堅いと言われるような男性ほど風俗にハマるとなかなか抜け出せないとも言われています。

国立女性教育会館によるアンケート調査によると、男性全体の約4割強が風俗を利用した経験があるのだそうです。つまり半数近くの男性は風俗経験者という訳です。さらに行ってなくても行ってみたいと思っている人を入れればもっと多いはずです。

女性目線の風俗

一方で女性側から見た風俗というのはどういったものでしょうか?一般論として女性は風俗をいかがわしい店と考えています。性を売り物にするのですから確かにいかがわしいのは間違いないでしょう。ほとんどの女性は、自分を愛していると誓って結婚した男性が風俗に行ったと聞けば、その愛を疑うでしょう。自分がいるのに他の女性にそういったサービスを求めるという考えを理解出来ないからです。

男性と女性の感性の違いと言ってしまえばそれまでですが、女性にもホストクラブにハマる人もいるので、そういった感覚としての男女の違いは実はあまりないのかもしれません。多くの場合、女性は家庭で性に奔放にならないように厳しく教育されます。その教育がベースとなって、性風俗に対する考え方が否定的になってしまうのです。とは言え、やはり自分のパートナーに他の女性と性的な接触を持つお店を利用されるというのは、女性からすれば自分を否定されたような気持ちになるのは仕方のないことでしょう。

男女の考え方の違いの背景には

男性と女性は性的な立場において1つ大きな違いがあります。男性は子孫を残したいという欲求があり、それに従うことをあまり否定されることがありません。しかし女性は、一度妊娠してしまうと約1年間は不自由な状態に陥り、その後多くの時間を子育てに費やすこととなって自由は制限されます。

このため、男性には性に対する負の感情やためらいは少ないのですが、女性には多くの肉体的、精神的献身を覚悟しなければならない行為と認識することとなります。つまり男性よりも女性にとって性行為というのは重いものなのです。この立場の違いが、意識するとしないに関わらず、男女の浮気に対する考え方の違いに反映されているのではないでしょうか。そのせいで男性は性行為に対する踏み出しが軽く、女性はそれを重く受け止めます。

性風俗のほとんどは最終的な行為まで行き着くことは実はあまり多くありません。そのため男性にとって性風俗に行くことは浮気ではないのです。しかし女性にとっては他の女性を選んだという自分に対する否定と受け止め、浮気と考える人が多いのです。

風俗店での出逢いから本当の浮気に

ここで問題になるのは、風俗は本当に浮気ではないのか?ということです。もちろん風俗店で働く女性にとって相手はお客様ですから、向こうから本気になることはほとんどありません。ただし、男性というのは基本的に勘違いしやすい生き物なのです。少し女性に優しくされると、それが仕事上の優しさとわかっていても、心惹かれてしまいます。特にそれが好みの容姿の女性であった場合、完全に恋愛へと意識が移行してしまうことがあります。

男性というのは自分の奥さんに対して愛していると言いながらも、他の女性にモテることを喜ぶという部分があります。それはそれ、これはこれと、自分の中で勝手に立て分けて、新たな恋愛に邁進出来るのです。そのため、軽い気持ちで入れあげた女の子に会うために風俗通いを始めてしまいます。風俗にハマった男性の多くが、特定のお気に入り女性を目当てに通っています。これはやはり立派な浮気と考えていいでしょう。

▼ おすすめ関連記事
ただの体目的だけじゃない夫の不倫!遊びの浮気が本気の恋にならないために

なぜ男は風俗にハマるのか

男性は風俗に一種の憧れがあると書きましたが、それは単にエッチがしたいというだけの理由ではありません。男性は基本的に自分の弱みを他人に見せないという矜恃があり、それは家族に対しても同じです。もしかすると家族に対してだからこそ、より一層弱い所は見せられないと気を張っているのではないでしょうか。しかし人間はずっと気を張っていては疲れてしまいます。そんな時に優しく包んでくれるのが風俗のサービスです。

風俗のサービスというのは男性の欲求に応えることを目的としているので、徹底的に男性を気持ちよくしてくれます。それは性的なサービスだけでなく、精神的なサービスもあります。ようするに風俗の女性は決して男性を否定しないのです。自分のテリトリーで弱みを見せることが出来ない男性が、唯一何も考えずに甘えることが出来るのが風俗の女性という場合が多々あります。奥さんからしてみれば、自分相手では心が休まらないのか?と怒りを感じるかもしれませんが、親しいからこそ言えないこともあります。

この問題は単に奥さんが旦那さんに対して優しくしてあげたり、相手の要求するセックスをしてあげたりすれば良いというものではないので、風俗相手に奥さんが対抗して戦うのはかなり難しいと思っていいでしょう。そのような事情で、男性が一度風俗にハマるとなかなか抜けられないのです。

旦那が風俗にハマった場合の対処法

男性にも言い分はあると思いますが、旦那の風俗通いは奥さんにとっては多大なるストレスとなります。また、少なくない金額を費やすことになるので、家計的にも負担の大きい遊びと言っていいでしょう。そんな迷惑極まりない風俗通いを続ける旦那に、なんとか風俗通いを止めさせたいという場合に使える、いくつかのパターンを紹介しましょう。

あえて風俗店の話題を振る

風俗のお店って実際にはどんなことをしてくれるのかな?など、軽い調子で尋ねてみましょう。旦那さんにやましいことがあれば焦ったり話題を反らしたりしてしまうかもしれませんが、責めるようなもの言いではなく、純粋に興味があるといった感じで話をします。奥さんが理解を示して譲歩しているのですから、最後まで突っぱねられる旦那さんもなかなかいないでしょう。逆にここで絶対に話をしないようならかなり危ない状態と言えます。妻よりも風俗の方を大事に思っている可能性が高いです。

きちんと話が出来たら、次には一緒に行ってみたいと言って、半ば無理やり付いていきましょう。その際もお店や働く女性を悪く言ったりするのは厳禁です。出来れば良いところを見つけて褒めてあげるぐらいの度量が必要です。そんな風に妻に何もかも知られてしまうと、おかしなことですが、逆にそこはもう旦那にとっての夢の国ではなくなってしまうのです。ワクワクしていた気持ちが急激にしぼんで、風俗から足が遠のくという人が多いようです。

一緒に病院に診察を受けに行く

言うまでもないですが、風俗を利用すれば性病リスクがあります。そこで旦那さんと一緒に病院で性病の検査を受けに行きましょう。病院で詳細に性病リスクについて説明してもらうと効果的です。

1つ間違うと、本人だけでなく、奥さんや子どもまで性病の影響を受けることがあるということをきちんと理解してもらって、高いリスクを覚悟してまで風俗に通う必要があるのか考えてもらいましょう。もし、それでも風俗に通いたいというなら、その時は奥さんも覚悟を決めたほうが良いでしょう。

家族よりも風俗を選ぶというのですから、離婚を前提とした交渉を行うことになります。そのため、この方法はある意味、覚悟を決めて行う対処法でもあります。ですが、実際に性病はとても恐ろしい病気なので、そのリスクを家族に持ち込むのなら、それはもう夫としても父としても受け入れがたい存在と言えるのではないでしょうか。

▼ おすすめ関連記事
夫や妻に性病をうつされて浮気が発覚!パートナーから感染した場合の対処方法

どうやって証拠を入手するか

旦那が風俗に通っているような気がすると感じても、証拠がなければ言いがかりとしていなされてしまいます。きちんと話し合いまで持ち込むには確実な証拠が必要となります。実際の事例では、奥さんが旦那の風俗通いに気付くのは、予期もしていないときの発見が大多数のようです。また、何度か怪しいと感じて、段々と確信を抱くようになるというパターンも多く見受けられます。

最初の発覚で多いのが、お店のカードの発見です。何気なく洗濯物の服のポケットをチェックしていたら出て来たと言う場合や、鞄や財布にお小遣いを足したり、出張の準備をしていたら発見したという体験をした奥さんが色々な場所で相談をしているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。現代はインターネット社会で、そういったプライベートな相談をネット上で行う人も多く、実際の事例を知る機会も増えています。風俗店のカードを発見するというのはわりとポピュラーな相談です。

風俗店のカードを発見した場合、直接旦那さんに問いただす奥さんが多いのですが、そうなると相手も居直りますし、1回だけだとか、付き合いで仕方なくだとか言い訳をされてしまいます。証拠を発見したとしてもいきなり突きつけるのは悪手と言えるでしょう。

常連なのか単発なのかを調べる

奥さんからしてみれば旦那が1回でも風俗店に行ったというのなら浮気に他なりませんが、1回きりなら仕方のない場合もあります。仕事関係の付き合いなどの場合、なかなか断れないでしょう。また、1回なら仕方ないから許してもいいという女性も多いようです。腹は立つけど、家庭の平穏のために我慢をするという、家庭を守る妻としての立場からぐっと堪えることを選ぶ女性は意外と多いのです。

問題は、夫は風俗店の常連かもしれないということです。そもそも、1回だけならカードを作る必要はありませんから、カードが見つかったらだいたい常連ということです。無料だと言って無理やり作らされたなどと言い訳をされるかもしれませんが、それなら捨てるでしょう。そしていくらなんでも風俗通いを笑って許せるほど寛容な女性は少ないでしょう。病気が怖いですし、金銭的な問題もあります。なによりも、旦那の愛情を疑わざるを得ません。

ただし、常連なのか単発なのかということを個人で調べるのはほぼ無理と言っていいでしょう。まさか連日お店の前で張り込むわけにはいきませんよね。そういった状況の確認にはプロの探偵などに依頼をして証拠を集めるのがおすすめです。1回きりなら、夫婦間を波立たせるのを避けるために特に言及せずに見逃すという考えもあります。しかし常連として通っているのなら、やはり話し合いをする必要があります。

その際は、先に紹介したように風俗通いをやめさせる方法を試して、夫がどう反応するかを確認してみるといいでしょう。風俗を選んで家族をないがしろにし続けるようなら、もはや最後の選択を考えるしかありません。

許す?許さない?

風俗は普通の浮気とは少しおもむきが異なりますが、妻以外の女性と性行為に近いことを行うということを考えると、妻から見てみると裏切られたという気持ちになるのは間違いありません。この風俗利用を許せるか許せないかは奥さんの気持ちしだいと言われていますが、その選択を女性に求めるのは、ある意味被害者であるはずの奥さんを逆に責めるような行為とも言える考え方です。たとえ男性側がなんと言おうと、奥さんには旦那を責める権利があります。夫婦は共に平和で生産的な家庭を営む義務があるのです。許すにしろ許せないにしろ、自分の心を押し殺す必要はありません。

話し合いの際は、思い込みで責めるのではなく、きちんと証拠を集めて、具体的に改善要求を伝えるなり、裏切られたことを理由に慰謝料を請求して離婚するなり、自分の心に従った選択をしてください。一度崩壊した生活を立て直すのはとても大変ですが、事前にきちんと自分の将来を考えて、よりいい道を選ぶべきでしょう。夫の風俗通いにどういう風に決着をつけるか、それは夫婦の現在と未来にとってとても大切なことなのです。

▼ おすすめ関連記事
旦那のキャバ通いを許す?許さない?夫にキャバクラ通いをやめさせるには

▼ おすすめ関連記事
キャバクラ好きの夫の浮気に慰謝料請求!キャバ嬢とラブホに入る証拠を掴む

▼ おすすめ関連記事
夫の出張中の楽しみは浮気?出会い系サイトや風俗で不倫するケースが多い

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.