1. 探偵BIO
  2. 浮気不倫夫の浮気旦那の鞄や財布の中からコンドーム!持ち歩く理由は?減っていたら99%クロ

2017/05/18更新

旦那の鞄や財布の中からコンドーム!持ち歩く理由は?減っていたら99%クロ

旦那の鞄や財布の中からコンドーム!持ち歩く理由は?減っていたら99%クロ

コンドームを鞄や財布に入れて持ち歩くというのは、出先で女性と関係を持つかもしれないという考えがあるからですよね。それ以外に利用目的はほとんどありませんし、そもそも他人に見られて格好の良いものではありませんから持ち歩く利点が他にありません。

もし旦那の鞄や財布からコンドームが出て来たとしたら、それはもう浮気を疑っていいでしょう。世の中には風変わりな物を持ち歩く人は確かにいますが、もしそう主張したとしても、持っていたはずの数が減っていたりすれば、使ったということですからほとんどクロと見て間違いないでしょう。

鞄や財布はプライベートな空間

鞄や財布の中に入れるものというのはだいたいにおいてとてもプライベートな物品になります。自分の財産を入れる場所なのですから、ある意味自分の部屋の延長と言っていいでしょう。鞄や財布は、自分のものとはっきりと主張することが出来る、私物という意識が強い物品です。

そこにあるものが他人に暴かれることがあるとはあまり考えないので、むしろ無造作にプライベートなものを入れてしまうことが多いのが鞄や財布という存在でしょう。そこにはその人個人の日常があると言えます。そんな場所にコンドームを入れているということは、日頃から利用している、持ち歩くのが当然のものとして常態化しているということです。つまり必要だから、使うから持ち歩くのです。使わないならそもそも持ち歩くことはしません。

コンドームを使う理由

コンドームは性行為の際の避妊具ですから、使う理由としては性行為と考えるのが一般的でしょう。妻以外の相手とセックスをして子どもが出来たら大変なことになりますから、避妊をするというのは理解出来ることです。避妊をしていること自体は、ある程度家庭のことを考えていると思うことが出来ますが、避妊をしていようがいまいが、浮気は浮気です。妻からすれば裏切りにほかなりません。

しかも鞄や財布に入れているということは、いつコンドームが必要になるのかわからないから事前に準備をしておくということです。浮気相手と頻繁に会っていることが疑われます。妻に見つかった時に、男性の中にはお守りとして持っているという言い訳をする人もいますが、それは独身男性の考えることです。既婚男性がお守り代わりにコンドームを持つということは、好意的に考えても、浮気願望があると思っていいでしょう。

男性の浮気願望

基本的に男性には浮気願望があります。多くの女性にモテたい、物語のハーレムのように様々な女性と付き合いたいという願望は特別なものではなく当たり前のものです。雄の本能としてより多くの子孫を残したいという欲求があるので、そういった衝動があるのでしょう。とは言え、現代社会の仕組みの中で浮気は妻への裏切りです。平穏な夫婦生活を破壊する行為でしかありません。ですが、人というのは、やりたいことが駄目なこととなればなおさら憧れるものです。

つまり男性にとって妻以外の女性と付き合うということは、妻に悪いとは思うものの、魅力的で抗えない衝動と言えるのです。相手さえいればほとんどの男性はその相手と付き合うでしょう。よほど枯れた男性以外は、浮気予備軍と考えていいのです。

浮気男のタチの悪いところは、浮気をしているということを一種の勲章のように考えていることです。コンドームをこれ見よがしに鞄や財布に入れていたりするのは、自分がモテる男であるという証拠のようなトロフィー的な気持ちもあるのではないでしょうか。

コンドームが見付かった時の言い訳

鞄や財布からコンドームが見つかってしまった場合、男性はどう言い訳するのでしょうか?実際に妻に見つかってしまった男性の言い訳には幾つかの共通点があります。

妻に使った、あるいは使おうと思った

言い訳として多いものの1つが、妻との行為に使用したときの残りである。あるいは妻との行為に使うつもりだった。というもの。これを妻本人に言っているのですから、厚顔無恥と言うか、開き直っているというか、いっそあっぱれと言うべきかもしれません。

なぜなら妻は自分と夫の間でコンドームを使うかどうか、使ったとしていつ使ったかなどを覚えているからです。そもそも使った残りだとしても、鞄や財布に入れている意味がありません。鞄や財布は外に持ち出すものですから、外で使うつもりだったということです。妻をわざわざホテルに誘うつもりだったなどの理由でもない限り持ち出す理由がありません。怪しいことこの上ありませんね。

あまりにも無理な言い訳ですが、案外と堂々とこの言い訳を使う男性は多いようです。鞄や財布からコンドームを発見した妻の相談では、多く見掛ける内容です。まぁ夫としてもまさか妻以外の女性に使おうと思ったとバカ正直に答える訳にはいかないので、1番の安全策として妻を持ち出したのでしょうが、本人に対する言い訳としてはかなりお粗末と言えるでしょう。

自慰に使う

定番の言い訳その2が、自分で自慰をするためというものです。妻以外で使って許される相手としてはもはや自分しかいません。順当な言い訳と言っていいでしょう。しかもこれなら妻も確認のしようがありません。しかし鞄や財布に入れて持ち歩いてまでコンドームで自慰を行いたいというのはやや無理がある言い訳のように聞こえます。普通自慰は自宅で行うものでしょう。たとえ家族に見られるのが嫌だとしても外で行う人がいるでしょうか?

外でないと出来ないという性癖の人なら仕方がありませんが、そうでないなら明らかな言い訳でしょう。妻が確認出来ないことを言い訳にする分妻に使うという言い訳よりは冷静に考えているようですが、どちらにしろあまり信用出来ない理由には違いありません。

鞄や財布以外の場所から見つかる場合も

妻に覚えのない使用済みのコンドームが見付かった場合、これは確実に浮気をしていると思っていいでしょう。外で使って捨て場所に困るのか、案外とうっかり持ち帰る男性も多いようです。

自宅のくずかご

使用済みコンドームの発見場所としてポピュラーなのが自宅のくずかごです。なんとなくくずかごに入れたものは誰にも見られないという意識があるようで、無造作に捨ててしまっている人が多いようです。自分に使われた覚えのない使用済みコンドームが自宅のくずかごから見付かった場合、捨てたのは家人に間違いありません。年頃の男の子がいる場合はそちらの可能性もありますが、夫婦や夫のプライベートな空間にあるくずかごなら、まず間違いなく夫のものでしょう。

夫が使用済みコンドームを捨てたということは、当然それを使ったということです。この場合よく言い訳として使われるのが、未使用のコンドームが見付かった場合と同じく自慰をしたというものです。自宅のくずかごなら確かに自慰の可能性が無いとは言えませんが、怪しいのは間違いありません。発見したらそれとなく夫の持ち物をチェックして、どこかに未使用のコンドームを入れて持ち歩いていないか確認してみましょう。

外に持っていくものの中にコンドームが入っていた場合、それは浮気の際に使用されたと考えていいでしょう。このように自宅で夫の利用するくずかごは、浮気の証拠をゲットする穴場なのです。

マイカー

実は意外と発見報告が多いのがマイカーの中。男性にとって車の中は自分の部屋のようなプライベート空間なので、油断しているせいでしょう。また、カーセックスで浮気を行う男性も多いようです。車には興味無いからと掃除もなにもかも夫に任せきりという妻の場合は、相手もかなり油断しています。一度車内の掃除をしてみてはいかがでしょうか?まさかうちの旦那に限って、と思っていると、知らない間にさんざん裏切られてしまっているかもしれません。

車から使用済みのコンドームが発見されたらもはや言い訳のしようのないほどクロです。間違いなく浮気をしていると思っていいでしょう。しかも車の中で浮気相手とことに及んでいるのです。恥知らずな行為としか言いようがありません。鞄や財布にコンドームを入れて持ち歩いているという男性の場合、いつなんどきでも使えるように用意してあるのですから、車内や、もしかすると屋外でことに至っているかもしれませんね。

常識的な人からは信じられないような話かもしれませんが、背徳感があるとなおさら燃え上がるという性癖の持ち主の場合、いつ他人に見つかるかわからない車内や屋外でのセックスを好む傾向があります。そもそも浮気をすること自体に背徳感があるのですから、浮気をする男性にそういった性癖がある可能性は高いでしょう。

▼ おすすめ関連記事
車中の浮気の痕跡をチェック!カーナビ履歴や走行距離、助手席、髪の毛などに注目

鞄や財布からコンドームを見つけたら

問題は鞄や財布からコンドームを見つけてしまった場合です。大方の妻はその際カッとなって夫に正面から尋ねるようです。しかし、正面から夫を問い詰めても、浮気をしている場合、当然ながら夫が本当のことを言うはずがありません。つまり正面から問い詰めるのはある意味無駄なのです。とは言え、その時のリアクションや言い訳で、色々と判断材料になることもあります。聞くかどうかはその時自分自身がどうしたいかの気持ちで決めてしまっていいでしょう。

聞かないままモヤモヤを抱え続けるよりは、聞いてある程度スッキリしたほうが気持ちが楽なのは間違いありません。ただし、聞かれた夫は次からはボロを出さないように注意するようになるでしょうからリスクがない訳ではありません。ただ、人は何かを隠そうとすればするほど、無理が生じるものです。妻に感づかれるかもしれないという危機感を抱くことによって、本当に浮気をしている場合にはボロが出やすくなるという可能性もあります。

大切なのはその後のチェック

コンドームを発見した場合、夫が浮気をしている可能性はかなり高いと見ていいでしょう。妻と共通認識のないコンドームが存在する時点で、もうほとんどクロと思ってもいいぐらいです。ただし、浮気で夫を糾弾するつもりなら、きちんと証拠を集める必要があります。妻としては夫が浮気しているのは信じがたいことなので、確信できる決め手がほしいところですよね。

そこで、確信を得たいという人は、鞄や財布からコンドームを発見した場合、夫に見つけたことを言わないことを推奨します。しばらくして再びチェックをしたときに、そのコンドームが減っていたりなくなっていたりしたなら、もはや浮気は99%間違いないと見ていいでしょう。妻以外にコンドームを使ったということは、それは浮気をしたと言っているようなものですからね。そうやってチェックで確信を持ったら、覚悟を決めて本腰を入れた調査を行うべきです。

併せて調べたいこと

浮気をしていると判明したら、コンドームの他にもチェックをしておきたいことがあります。それはスマホと領収書やレシートです。スマホは通話やLINEなどの記録はもちろんですが、結構重要なのが写真です。彼女がいる男性ならその相手の写真を写している可能性が高いと思われます。浮気相手の写真を見つけたら、すかさず自分のスマホにコピーで保存しておきましょう。

その他領収書やレシートなども夫の浮気の際の行動を知る手がかりになります。鞄や財布の中を調べるなら、これらもチェックしましょう。もちろん屑入れの中も要チェックです。食事の代金が二人分だったり、女性ものの何かを購入していたりと、レシートで浮気が発覚するケースも多いのです。領収書やレシートには日付が入っていますから、浮気の際にどのような嘘をついて外出していたなど、言い訳や行動が良くわかるでしょう。

浮気の調査は慎重に

浮気を本格的に調べる際に大切なのは、決定的な証拠を押さえることです。のちのち裁判になることも考えれば、確実な証拠は絶対に必要となります。もし離婚となった場合、慰謝料がもらえるかどうかはかなり大きいはずです。とは言え、なかなか素人が確実な証拠を掴むのは難しいところがあります。確実性を求めるのなら、やはり探偵などのプロに依頼するべきでしょう。どのようなものが証拠になるか、またはならないかを、プロはよく知っています。一般人では判断しにくいところもプロなら問題なく資料として集めてくれるでしょう。

依頼する場合は、信頼性の高い、実績のあるところを利用するようにするのが安心です。また、夫と交渉や離婚についての話し合いを行う場合は、事前に弁護士に相談するのもおすすめです。有料で相談するのはなかなかハードルが高いのですが、無料相談などの機会もありますので、そういう場で、軽く相談して、本格的に利用するかどうかを決めるといいでしょう。

やり直すにしろ、離婚するにしろ、泣き寝入りをしないように、自分に有利な状況を作る努力は惜しまないようにしてください。離婚してしまえば生活力は半減してしまいます。その後の人生を立て直すのにも資金は必要なのです。

▼ おすすめ関連記事
携帯電話やスマホの浮気の痕跡は?メールやLINE、出会い系アプリ、通話履歴など

▼ おすすめ関連記事
財布で浮気の痕跡をチェック!レシートやクレジットカード、現金、名刺などで証拠集め

▼ おすすめ関連記事
既婚男性がよく使う浮気隠しの方法やテクニック!旦那の不倫を見破るコツ

▼ おすすめ関連記事
夫の怪しい行動や言動で見抜く浮気のサイン!注意したい行動や様子はコレ

© 2018 探偵BIO All Rights Reserved.